「うまれる」@料亭小宿ふかざわ 池川明先生のおはなし付き



観たいとおもってたんだ
この映画

どこかで上映しないかな


って
思ってたんだ


そしたら
知り合いが
チラシをくれたの


お!

これは!

グッドタイミング!



実家の母と
いつもの女子チームで
観てきました








うまれる

うまれる チラシ



HPはこちら



もうね

もらったチラシを観ただけで
泣きそうになる









成りゆきじょう

母と一緒に観ることになったのは

正直

ちょっと
気が重かった


なぜなら




わたしは





母親の前で
感情を表に出すことが苦手
だから







できるだけ

感情を表に出さないよう
しようとしてしまう




もう習慣になってのが
わかっているから






それが
なぜかを
書くのは
また
時期がきたらにしたい






泣くのが
わかってる
この映画

母親の前で泣くのはやだな




でも
結局

泣くのを我慢するのは
無理だった





ぜんぜん
無理だった







ひとりだったら
号泣してた









ふかざわ旅館さんでの上映会




ずうううううううううううううっと



大昔から


おんなのひとが

当たり前のように

続けてきたこと






こどもをさずかって
うんで
そだてる



っていうこと



それは

ちっとも

当たり前じゃない




奇跡



なんだ





当たり前じゃない


この子が

ここにいるのは

当たり前じゃない











虐待されて育った夫婦


重いしょうがいをもったこどもを
授かった夫婦


こどもを授からない夫婦


出産予定日に
おなかのなかで
こどもが死んでしまった夫婦









4組の夫婦


それぞれの
生き方




わたしは

そのどれも
経験したことがないから

本当の意味での共感はできない
けれども




自分の子どもが愛おしい

という
気持ちは

再確認することができた



ついつい

できないことに
目がいって


そこにいるだけで
ありがたい


という気持ちを忘れてしまう











帰りの車で

母が
ぽつりと言ってた


お産の時に
お父さんがどうしてたかなんて
ぜんぜん
覚えてない



だけど
田舎の母が
お金もないのに
すっ飛んできてくれて
ぱぱぱっと
世話してくれたのは
今思えばありがたかった

こっちも
カツカツで生活してたから
お礼もできなかったけど




最後のほうは

ちょっと
涙ぐんでいたかもしれない






いまなら
わたしも
わかる


わたしのお母さんも
お母さんやるの初めてだったんだよね

だから
うまく
お母さんやることできないときも
あったんだよね



わたしは
こどもだったから

その


うまくできないお母さん
のときの
母親を
長いこと
受け入れることができなかった




今も

実を言えば

受け入れることが
うまくできないときもあるかもしれない





でも

ちょっと
わかるようにはなった







どんなに
えらそうに言ったって

あたしだって

なんにもできない
あかんぼうだったんだよな























なんと

今回の上映会には
この映画にも出演している
池川明先生のお話を聞くことができました

池川明先生

胎内記憶の臨床家







ふかざわ旅館さんでの上映会






その語りは



ぶっと吹き出してしまうほど
おもしろい




こどもは
お母さんのおなかの中にいたときの記憶をもっている




それを
思い出す子と
思い出す必要のない子と
いるんだって




そして
記憶が残っているかどうかは
お産の方法とかは関係なくて




お母さん自身が
自分の出産を
安産と思ったか
難産と思ったか



違うんだって





それは

実際に
安産だったか、難産だったかは
関係なくて




お母さんがどう思ったか
なんだって





お産は気持ち


なんだって








☆夫婦でわかりあえるか

☆こどもはどうして言うことを聞かないのか

☆死んだ後、閻魔大王にあったら聞かれることが2つある




そんな
お話が次から次へと
おもしろくて
吹き出しちゃうくらいおもしろくて
そんでもって
すごく
なんだか
軽くなった




先生の
お話きけてよかった


湯河原温泉 料亭小宿ふかざわ

女将さんをはじめ
スタッフの皆さん


HPはこちら





とってもあったかい
気が流れているいい場所
でした



ありがとうございました



次回の上映会も

きっと
参加します


かみさまとのやくそく


かみさまとのやくそく チラシ




ふくちゃんが上映会してたんだよな〜


気になってたんだよな〜


HPはこちら





にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村






関連記事

テーマ : 心に残る映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

かみさまとのやくそく

あこちゃん
コメントありがとう
ここちゃん、かわいそうに、、、
実はわたしも、ここ数日、寝込んでいます
ほんとうに、トイレ以外は起き上がれない、、、という、、、
休みなさいということなんでしょうかね

そうそう、TKくんも、同級生だと言ってました
次回の
かみさまとのやくそく
もとても良い映画みたいですよ
いかがですか?

No title

せんぱいお久しぶりです。
今、娘インフル中にて引きこもり中・・・。


最近、かなり放置していた娘のアピールでしょうか(笑)
そして、この映画の記事を今、このタイミングで読んでしまい。
母としての自分を、振り返っちゃっています。


せんぱいありがとう。
もっと早く読んで、観に行けばよかったな。
この女将さん、わたしの同級生です。

わたしのこと、覚えているかなー♪
自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
9位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示