内田早苗さん 客観的に母としての自分を見つめる 続々絵本講師の本棚から


おせっかいなおばさんのおすすめ絵本 続々絵本講師の本棚から アウトプットします
続々絵本講師の本棚から









だれかに
なにかを
もらったりしたとき

元気に
大きな声で
「ありがとう」
って言える

こどもらしいこども

って

いい

と思う





それが

正しいこども


だとおもう






でも
うちの子たちは
3人とも
それが
できない





「ありがとう」

とか

「こんにちは」


とか



当たり前のあいさつが
できないのは

恥ずかしい




わたしが
恥ずかしい






親であるわたしが
恥ずかしい




でも

実は


わたしも
そういう子どもだった









自治会の納涼祭で

近所のおばちゃんが

お菓子をくれて


ありがとう


って
恥ずかしくて言えなくて


父親にすごく怒られて


帰らされたの


覚えてる





自分では


言いたいんだけど


なんでか


言えない




だから




内田早苗さんの




この文章

親のできることについて考える




ものすごく
共感した



親としても
子としても




わかるわかるすごくよくわかる





内田早苗さんは



えらいと思う



あいさつを
強要したことによって

声が出なくなってしまった息子さん



そういう自分の
負の部分を
ちゃんと冷静に把握している










かすれた声を必死に出そうとする息子の姿にこころを痛めていました。

と同時に私がこの子を追いつめたのだと自覚もしていました。








近所に住んでる
ご主人のお母さんに
うちの子も
かわいがられたい


っていう気持ちも

せつないほど

わかる





同じ年の甥っ子が息子とは正反対にとても可愛らしく、
よくお喋りし誰とでも仲良くできる性格で祖父母にとても可愛がられていたこと。

近くに住むようになった祖父母にうちの子もよく見られたいという私の本心が息子を責める言動となって現れていました。












いとこの
男の子が
人懐こくて
祖父母に愛されていたら

そこは

焦る



非常に焦る





うちの子はなんで?


うちの子もかわいがって!


って




そういうのを
さらけ出してるのが

えらいと思う









自分は
できなかった



そういう

自分のかっこ悪い部分
この本には
出せなかった



出してもよかったな

って
今では思う


だから

内田早苗さんに
敬意を表します



早苗さんとは
いろいろ
ご一緒させてもらってる


すごく
刺激を受ける仲間



いつか

早苗さんの絵本講座を

開催したい


講師としてお招きしたい
FC2 Blog Ranking




 


内田早苗さんの1冊はこれ

くまのこうちょうせんせい

くまのこうちょうせんせいくまのこうちょうせんせい
作:こんの ひとみ / 絵:いもと ようこ出版社:金の星社絵本ナビ




関連記事

テーマ : 育児の悩み
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
5位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示