子どもの叱り方なんて誰も教えてくれない





子どもの叱り方がわからない






子どもの叱り方って難しいですよね






すごく感情的になって

一気に頭に血が上って

カーッとなって

自分の手のひらがじんじんしびれるほど強く頭をたたいてしまって

ハッと我にかえって

ものすごい自己嫌悪になって


みたいなことってないですか?










わたしはあります

穏やかそうに見えて

手を出す般若(はんにゃ)

なんです









でね

そんな自分が嫌でね

いやでいやで、でも、怒りに燃えるとそうなっちゃってね













ああ、12年前、こんな記事を見つけて、すごく感銘を受けてプリントアウトしてとってあったのが出てきたので

ご紹介しますね





TOMOYANの遊びを考える

より

以下引用




子どもの叱り方


 男の子は女の子に比べけっこう手や足が出て悪いことをするものです。
女の子は男の子が叱られるのをみて育ちますから、男の子がしっかり叱られない最近は女の子もかなりひどいことをする子どもが増えてきています。

 子どもが物を投げたり、蹴飛ばしたりしたら、「なんとひどいことをする」と思って良いから、でもその感情をコントロールして、子どもの傍に近づき、子どもよりも膝立ちになり、子どもよりも背を低くし、悪いことをした手や足を痛いくらいにパチンと叩きます。
「わあー」と泣いたら「この手が悪かったね。あなたは良い子よ。」と言って子どもの顔を抱きしめてあげましょう。

子どもは納得するものです。

上から叩いていないし、叩く前に座ることにより感情をコントロールしているので、ずいぶん叱り方が上手になるものです。

ユングの言葉の中に「権力は腐敗する。暴力は麻痺する。」と言う言葉があります。

子どもを叩いてはいけないと教えられ、我慢に我慢していてあるとき切れてとめどなくなってしまうことがあることも多いものです。

悪いことは悪いこととしてしっかり感情を込めてしかり、ただその感情をコントロールすることが大事だと私は思うのです。

 叱る前に子どもの背の高さよりも低くなって見ることは、子どもが悪いことをしたと見えたことがじつはそうではないとわかることもあります。

まさにunderstand=下側に立つなのだと思います。


全文はこちら




















子どもの目線に立ち

とかよく言うじゃない







そうじゃない、子どもの目線のその下に立つ

それこそが
理解する=understand なんだ







ってのに、ハッとしたのね













子どもの叱り方なんて誰も教えてくれない






親になったからって、みんながみんな、ちゃんと叱れるかって

そんなの無理

難しい










でも、叱らないと、こどもはわからない





叱り方のひとつの方法として知っておくといいかもなっと思ってシェアします







いつも、こんなスマートに叱れるか












無理だね


でもね、視線をこどもより下に

ってことを意識することは

子どもを理解しようとしたときに

有効だと思う






{79FC6E84-1F36-4E99-836C-1D4083B454B8}

















お問い合わせはこちら


これからの出没予定はこちら


☆スカイプセッションはじめました



☆イベント先行お知らせ、ブログに書けない話なども
絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレターの申し込みはこちら





☆クリックうれしいです
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示