あなたはどんな子どもでしたか? その2



自分に質問シリーズ

あなたはどんな子どもでしたか? その2




あいさつのできないこども






でした








自治会の組内で


夏祭り的なこじんまりとした催しがあって


そのときは、なぜか父親と


そのお祭り的な催しに行って


確実に顔を知ってる近所のおばさんが


なにかを配ってるかなんかしてて


そのおばさんにもらったときに


「ありがとう」って


言わなかった


言えなかった



そのことを


ものすごく父親に怒られたことを覚えている



自分は


小学生になっていたかどうか




とにかく


父親にものすごく怒られた


そりゃ「ありがとう」って言った方がいいことはわかってた


でもなんか言えなかった





父親に怒られた記憶は



はっきり覚えてるのはそのときのみ



父親としては


娘があいさつのできない子どもだってことが


モーレツに恥ずかしかったんだと思う











ほかにもあったな〜












いつも


犬の散歩をしてる近所のおじいちゃん



すごくいい人なのはわかる、知ってる


のに



挨拶ができなかった



学校の行き帰り



かなり頻繁に会うのに


何年も挨拶をすることができなかった







なんか


いつから?


いまさら?







タイミングをのがし



ほんとすれ違うたびに


気まずかった





あいさつのできない子どもだった









でもほら、いまは!








できるよ




知らない人にも声かけられるよ






成長するのよ、どこかのタイミングで






しなくちゃしなくちゃ





じゃなくて




したいしたい


って





あいさつしたい


って






{18EB7EFA-C40C-494D-B219-B98C86A1D92F}


























とんちゃんへのお問い合わせはこちら






【進学塾に行かずに数学で10をとる子の育て方】の購読申し込みはこちら


絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示