初めて子どもを産んだときの自分になんて声をかけてあげたいですか?





どうやらわたしが言い出しっぺらしいのですが
(覚えてない)



絵本で子育て座談会

みたいなものを


わたしとさなえさんとくれあちゃんと
くれあちゃんのだんなさんで魔法の質問認定マスターの榑林 寛暁さんをファシリテーターとして


絵本で子育て祭りのひとつとして

体験しました




{EAC9271B-F0DD-43AF-9696-A3C4F8425EC6}










座談会というより

パネリストみたいな感じでした








どんなふうか

始まってみるまで

ぜんぜん、わからなかったです







けど

この場があってすごく良かったなと思いました








ファシリテーターの質問が

具体的で


講座内ではしゃべりきらなかった

具体的な絵本で子育てあれこれを

追加でしゃべることができたことと



それから

自分の中では肝(きも)


となる

いわば核心の部分を


意図せず話すことになったからです






{4064BE2A-B014-4F6F-B8D3-22ECB2413ECB}








このことは

講座内では

話さないけど


ターニングポイントとなった娘のことば



それを

ぽろっと話すことになったので


わたしはなんだかとてもすっきりしました











魔法の質問の最後


これで最後の質問です、の


その最後の質問を聞いたとき








実は








泣きそうになりました


こらえましたけど


泣きそうになりました


すごく必死でこらえました










でも


あの頃の自分を

抱きしめてあげたい衝動にかられました




「初めて子どもを産んだときの自分になんて声をかけてあげたいですか?」




無鉄砲で大雑把でいい加減なくせに

変なところで几帳面でまじめで

きっつきつだった

今よりも18歳若い新米ママの自分







「自分の思う通りにやればいいよ。


なあああんにも、間違ってないよ。


いい男に育ってるよ」









そう言ってあげたい


そりゃ

いろいろと試行錯誤もあった

これでいいのかと

自分を責めることもいっぱいあった

でもほら


いい男に育ってる






そしてまた


この先、つまづくことがあったとしても

うまくいかないことがあったとしても

大丈夫って

信じられる




だからほら


なんにも間違ってない















とんちゃんへのお問い合わせはこちら






【進学塾に行かずに数学で10をとる子の育て方】の購読申し込みはこちら


絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示