「日本一」「桃太郎」の旗を持たされて戦うときはどうしたのか問題



「日本一」「桃太郎」の旗を持たされて戦うときはどうしたのか問題


というのが


ありまして


今朝


その問題が


突然


わたしの中で勃発しました



「日本一」「桃太郎」の旗を持たされて戦うときはどうしたのか問題











桃太郎は鬼退治に行くとき


おじいさんとおばあさんに


きびだんごをこしにさげさせられ、
新しいはちまきを持たされ
新しい袴をはかせられ
刀ささせられ
「にっぽんいちのももたろう」と書いた旗を持たせられ




「そんなの持てるかよ」


なんて文句のひとつも言わず

素直ないい子だから

ちゃんと手を振って
出発するわけですよ






うちの8歳女子と読んだんですけどね


改めて

この部分





はた?!


旗?

必要だったのか?


そう思ったんですけどね


名乗る前に

みんな

「ももたろうさん、ももたろうさん」

と声かけるわけです

イヌも猿もキジも



だから

きっとこの旗が役に立っているわけです



でね


猿に出会うと、なんと

桃太郎はその旗を猿に持たせるのです


だって山奥ですからね、両手両足を使って登って行くんです


川を越えるときも猿が持ってます

猿は旗持ちの役目を担ったようです





そして

鬼は

鬼が島にいるわけですから

島なわけですから

船でわたるわけです


すると


旗は・・・・


船につけられます

帆船です


そして

鬼が島に着くと


なんと!


旗を持ってない!


そうですよね、これから鬼退治をするわけですから


ってことは

旗はどこにあるのか?といえば




ほら


ちゃんと帰りの船には旗がついてます

しかも!


帰りの船は立派になってる!


そしてちゃんと

おじいさんとおばあさんのところへ帰ってくるときには


猿が持ってるんですね、旗








に注目したことなかったなあ


でもちゃんと描いてある



すごいなあ














関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
8位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示