まちライブラリー コーヒーハウスの図書室について









以下引用

1849年、下院の公共図書館特別委員会におけるラヴェット(william lovette)の証言によると、
当時、ロンドンには約2000軒のコーヒーハウスがあり、そのうち約500軒が図書室を備えていた。
2000冊もの蔵書を持つ店もあり、店内では労働者が読書にふけっている姿がみられたという。

図書館ハンドブックより

引用ここまで




わたしが
高校生、大学生のころ



とても気に入ってた布ばりのノート

ちいちゃなちいちゃなノート




{B9E3CC80-3029-48E5-A552-A3D739D2BA25}


このノートに

思いつくままにいろんなことを書き留めていた




レシピとか読みたい本の題名とか本の中のいいことばとかなにかの歌詞とか



その思いつくままに

ってののひとつに

上に転記した内容があったのね



{59FDE842-F291-4661-9909-5FE22EB395C7}









おおおおおお~~~~



すごい


コーヒーハウスの4分の1には図書室があった、と


しかも蔵書が2000冊ってすごいよ



(我が家の絵本で1000冊ちょっと、だと思う)







それにしても思いつくままに過ぎて

出典がきちんと書いてない



司書の勉強をしていたときの教科書に書いてあったんだろな


そして20代のわたしも


おおおおおお~


って

思ったんだろな



例えば、だよ


スタバとかドトールとかに

図書室があって

お客さんが読書にふけってるって


んん~

いいよね








まちライブラリーとかの活動は

新しくないんだね

ずっとずっと昔に

もっと豊かな感じであったんだね



そして

特別なことじゃなかったんだね





まちライブラリーとは?






とんちゃんへのお問い合わせはこちら






【進学塾に行かずに数学で10をとる子の育て方】の購読申し込みはこちら


絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



5月末まで(おせっかいな)絵本屋さんで購入した方への特典 購入した絵本の読み方指導のお申し込みはこちら



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
5位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示