生きている絵本 ダンプえんちょうやっつけた

いま
うちの末っ子5歳児が
はまっている絵本



それは



これ


ダンプえんちょうやっつけた

ダンプえんちょうやっつけた

ダンプえんちょうやっつけた
著者:古田足日
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る










読むたびに

ある場面で


胸がきゅきゅ~ん


ちょっと苦しくなる


喉の奥がギュッと狭まる感じ


そして
涙がこぼれそうになる







これは


1冊読むのに
20分くらいかかる



(ちゃんと時計見てみたら、30分かかってた)




100ページを超える分厚い絵本






だからこそ

おうちで
しか

読めない
出会うことができない






だって


図書館のおはなし会で
これ
読めないよ


保育園でも

毎日少しずつだったら読めるかもしれないけど



大勢の前では
私は読んだことがないよ

たぶんこれからも
読まないよ






だから

おうちで
親子で楽しみたい絵本






最初
末っ子と読んだとき

末っ子はことばを挟まなかった

挟めなかった




ぐいぐいぐいぐい
この絵本が
彼女を連れ去った

ひなたやまへ







そして

この絵本が
たいそうおもしろいということを知った




それからは
毎日
読んでいる


だんだん

ことばを挟むようになった


いちばん好きなの(場面)はねえ
ここ



「はなせよ、たかし。
おまえ 
しんでるんだぞ」


のところ




あとね
ここも


「あんた、
あかちゃんの
おひめさまよ。」







この絵本は

ちょいちょい
歌を歌わなくちゃいけない






音痴のあたしは
音痴なりに
テキトーに
楽しく歌っているんだけど






末っ子は
最近よく
そのテキトーな歌を口ずさんでいる







えんちょうはダンプで
おれはがらぱ~ん




そうするとわたしたちは
一緒に大きな声で歌う
テキトーな歌を



ダンプまるは
ぶーくぶく
せいぎのみかたは
ぶーくぶく









それから
日常生活に
この絵本のことばが


どっかで聞いたことがある…
と思うと
この絵本の中のことばなのね



「こうつうじこにあいそうだあ」

とか

「けがしなかったか」

とか











「生きている絵本」








そんな
ことばがいまふと頭に浮かんだ







そう
この絵本は
「生きている絵本」
なんだ






ねえもし、
読んだことがなかったら

読んでみてほしいな





年長さんの年齢で読むのが
ベスト

でしょ、やっぱ





わたしがいつも
胸がきゅきゅんとなるところは
どこなのか…

そんな話ができるといいな







金木犀



2013年11月の旧ブログから







このブログをフェイスブックにアップしたあとに


絵本講師の友だちと

長いこと

やりとりをしたんだけど



その抜粋を

以下









うちの末っ子ね、何回か読んでて、わらしこほいくえんがどこにあるか、分からなかったの
だけど、「どこだろね?」ってわかんないふりしてたの、もちろん、わたしはわかってたよ






そして、何回か読んでやっとわらしこほいくえんが真ん中にあることに気づいたの
「でも、おかーさん、おかしいよ、箱がないよ」
「ほら、これも離れてるし」って言うの

ね、ね、すごくない⁈






保育園の横には箱がないのよ
川の岸辺の木みたいのもくっついてるし








それ以外にもね、かずこはいっつもにこにこ笑ってるんだけど、一か所だけ笑ってないの
とか
すごい絵を読んでるのよ!







末っ子ちゃんが笑ってないって言ったかずこの表情、なんだか寂しげで言われてみればなんで笑っていないかが気になるわ。ブランコをうまく飛べるか心配なのか、それともさくらだけでなく、実はかずこも怖かったのかな、とか







そう、わたしもそう思った、かずこも怖かったのかなって
こわいんだもーん、って言えない優しい子なのかな?







んもう、読むたびにね、発見があるのね
これは苦痛ではありませんね
快感








末っ子はね、みどり
なんだって、優しいから
自己評価はそうなのね~さくらじゃないのね~、と、心の中で思う、、、(^_-)-☆











以上

熱いやりとりの抜粋




ああ


ダンプえんちょうを語る会

やりたいわ~





とにかく



長いんだけど



もうね


読んでほしいんだわ













とんちゃんへのお問い合わせはこちら








絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:無題

>ぐちゃぐちゃ遊びで創造力を育てる造形教室講師 会田夏帆さん

コメントありがとうございます
きっと子どもの成長とともに、感じるところが変わってくるんでしょうね

どの子に感情移入するか
仲良くなりたいのはどの子か

この絵本に出会わないまま大きくなっちゃったら
もったいないですよね

1. 無題

ダンプえんちょう、息子がまさにいまはまってます。
年少なのでたかしに憧れのようなものを持ってる気がしています。慎重派の息子なのでさくらに感情移入してますね。
私も好きな絵本で息子に毎日のように読んでる絵本なので思わずコメントしてしまいました。
失礼しました。
自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
5位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示