憲法のこころ ことばのちから 井上ひさしさん おかしいよ

安全保障関連法案

採決強行









ただごとじゃない


そんな

感覚はある








でも


実は


具体的に

自分にどんな影響があるのか



よくわからない









イメージでは


なんとなく


不安








どうなるの?


どうなるの?


うちの

たろうが



戦場に行くの?







それとも


もしかして


ここ




戦場になるの?









誰かが



原発のたくさんあるこの国に


原発めがけて


爆弾落としたら

どうなるの?












憲法第9条で


戦争をしない






宣言していた日本が







いや

そうでもないよ

するかもよ









いうんであれば






じゃあ

しましょうか









しかけてくる国が近くにあったりするんじゃないの?













ねえ



井上ひさしさん






憲法ってなあに?









憲法のこころ

って

なんだったの?






井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法
著者:井上ひさし
価格:1,028円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る













以下引用




この国のかたち(前文)



国民がみな、
ひとつところに集まって
話し合うことはできなし
たとえできたとしても
やましくてなにがなんだかわからなくなるだろう

そこで私たち国民は
決められたやり方で「代わりの人」を選び
その人たちを国会に送って
どうすれば私たちの未来が
よりよいものになるか
それをよく話し合ってもらうことにした








引用ここまで










どうすれば

私たちの未来が
よりよいものになるか


話し合ってくれるんだよね?




話し合ってくれるんだよね?





話し合ってくれるんだよね?








強行?



強行?


強行?









強行って

話し合いじゃないよね?










やり方


間違ってるよ








それは


わかるよ、わたし







やり方


間違ってる



根本的に


間違ってる







わたしですら

それは


わかるよ






以下引用






私たちが、同じ願いをもつ
世界のほかの国国の人たちと
心をつくして話し合い
そして力を合わせるなら
かならず戦はいらなくなる














わたしは

それを

信じてる




信じているよ





心をつくして


話し合おうよ



そこから

すべてが

始まると信じてる




私たちはそのようにかたく
覚悟を決めたのだ





そう

それは

ちっとも
変わってない


ちっとも
変わってないんだよ






この国の生き方を決める力は
私たち国民だけにある

そのことをいま
世界に向けてはっきりといい
この国の大切なかたちを
憲法にまとめることにする







国民

って


わたしのこと


だよね



ねえ


おかしいよね





おかしい


なんか

おかしい











憲法って

いつから


変わったの



いつのまに

変わったの?



だれが

変えたの?




ぜんぜん


気づかなかったよ







わたし


ほんとに

よく


わからない



わからない







以下引用










もう二度と戦はしない(第九条)


私たちは平和的な生き方を尊ぶという 
まことの世界をまごころから願っている

人間らしく生きるきまりを大切にする 
おだやかな世界を 
まっすぐに願っている

だから私たちは 
どんなもめごとが起こっても 
これまでのように、
軍隊や武器の力で 
かたづけてしまうやり方は選ばない

殺したり殺されたりするのは 
人間らしい生き方だとは考えられないからだ 
どんな国も自分を守るために 
軍隊を持つことができる

けれども私たちは 
人間としての勇気をふるいおこして 
この国がつづくかぎり 
その立場をすてることにした

どんなもめごとも 
筋道をたどってよく考えて 
ことばの力をつくせば 
かならずしずまると信じるからである

よく考え抜かれたことばこそ 
私たちのほんとうの力なのだ

そのために、
私たちは戦をする力を 
持たないことにする

また国は戦うことができるという立場も 
みとめないことにした













よく

考えぬかれたことば



これを

ないがしろに
しては
いませんか?







みとめていないんですよ

わたしたちは







戦うことができる

という立場を

認めていないんですよ、決して










そうだったよね?


違う?


違った?






不安です



どうして




こうも



憲法で
うたわれている


基本的なことが


ぐらぐらと

足元から




揺れるんだろう?






デモにもいけない



なにをすれば

いいんだろう?



なにができるんだろう









ことばのちからを

今こそ


信じたい








花








谷川俊太郎さん



せんそうしない

せんそうしない
著者:谷川俊太郎
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





そう


せんそうしない







とんちゃんへのお問い合わせはこちら








絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
5位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示