「おしえようか」の距離感が好き はなす(五感のえほん3)



うちの近くには

末っ子の

ともだちがいない




長男たろうの同級生は

このうちの周りだけで

6人くらいいたのに



長女の同級生も

すぐ近くに

ひとりいたのに



末っ子は


誰もいない





「おかーさん


Sくんち

あそこだよ」



「え?

同じクラスの?

いいや
このへんに

同級生はいないよ」





「でも、いたもん」



なんて
やりとりをした

その
数日後







その

S君が

うちから

数百メートルのおうちに

引っ越してきていたことが発覚!










そうなんだ


そうだったんだ









それ以来

末っ子は

S君と一緒に登校し


隙を見ては一緒に遊ぶようになりました








S君がサッカーで

いないお休みの日




近所の公園の鉄棒で

逆上がりの練習







保育園のときはできたのに

体が重くなったからか

できなくなっちゃった







本人はそんなにあせってないけど

逆上がりはできたほうがいいのかな?


とか

いろいろ

思ってた矢先










この

絵本に出会ったんですよ







ほら



ブックハウス神保町さんで



西村直人さんのあそびうた絵本ライブのときに







ああ





好き








この


絵本の世界












はなす


はなす

はなす
著者:竹内敏晴
価格:2,376円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る














ちょっと

我が家の状況に

シンクロしてたのと





そして



「ともだち」

ってやつの






この

距離感が

たまらなく

いい





と思ったのね







特に好きなのは


女の子の

このセリフ



「あのね、いいこと おしえようか」





って言うの








「おしえてあげようか」



じゃないのね







「おしえようか」



なのね







この

感覚


好きだな









逆上がりができなくて

公園で

笑われて泣いてた

よしくんの

となりに

座って



頃合いを見て



言うのね





「あのね、いいこと おしえようか」



って









本当に話したかったことは

話せなかったけど




でも


押し付けない

感じと




なんていうのかな



よしくんの気持ちに


全面的に寄り添ってる訳じゃなくて






自分は自分の

気持ちを大事にしてて







だから

「おしえてあげようか」



じゃなくて


「おしえようか」



なんだよね








その

何とも言えない


距離感がね


たまらなく


好き










こういう

「ともだち」

って

いいなって









「おしえようか」


ってね






五感のえほんというシリーズの


第3弾

なんだそうです



吉祥寺のトムズボックスの

土井章史さんが監修した絵本なんだそうです


(わたしはツイッターをフォローしてます)








なんてったって


長谷川集平さん

だからね



いいよ~~
長谷川集平さんのツイッターもフォローしています














この絵本ね


あんまり


本屋さんでは



見かけないような・・・





まあ


ちょっと

一般的な絵本の値段で言ったら


高めかも










ああ


わたしは


絵本のあらすじを


説明するのは


上手じゃないし

そもそも


好きじゃない




だから

ごめんね











気になる人は



とんちゃんつかまえて


「読んで」


って

言ってください♡







言われてなくても読んだけどね
あきかさんとサニー☆ちゃんに



image














とんちゃんへのお問い合わせはこちら








2015年4月18日にメルマガ始めました


日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝












関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示