長女の落ち込む理由



友だちの家に遊びに行った




長女が







えらく



落ち込んで帰ってきた











先週



小学校を卒業して




ちょっと早い春休み










このタイミングで






数人の友だちグループ



全員が





長女を除き





全員が














スマホを



持っていた
























、、、、












スマホ








うちは




与えない







中学卒業するまで






与えない










長男たろうも







そうだった
たろうスマホデビューのようすは
旧ブログにて
おせっかいなおばさんのおすすめ絵本 たろうスマホデビューによせておせっかいなおばさんのおすすめ絵本 たろうスマホデビューによせて






こんな戦いもあった


おせっかいなおばさんのおすすめ絵本 ケータイ・スマホ・ゲームはどうするのか?おせっかいなおばさんのおすすめ絵本 ケータイ・スマホ・ゲームはどうするのか?




















それをわかっているから









ひどく





落ち込んで







あまり









話さない





どんより



としている























うーん












そんなに





簡単に





スマホを与えてしまうものなの?












交換日記してたけど





ラインでやりとりするようになるの?









そうすると





うちの子だけ



仲間はずれ的になるの?









次の日







夕ご飯を食べながら



今日なら


ちょっとは


話せるかな


と思って





スマホについて



聞いてみる





「だれだれちゃんは


買ってもらって3日で

落として


割っちゃったんだって。



だけど


保険に入ってたから


ただで修理してもらうんだって」




「ふうん、そうなんだ~」





「だれだれちゃんは『夜グループ』ってのを作ってるんだって」





「なにそれ」




「夜、ラインするの。

夜中の3時までやったりすんだって」






「なに?!

親はなにも言わないのかね?」









「言わないんじゃない。」




「それは

すごく大切なものを奪われてる気がする」








「うん、

ありえないよね


だけど、あの子は頭もいいし、

次の日もちゃんと起きられるから

いいんじゃない?」














でもね






「みんながスマホ持ってて


一緒に遊んでる間




みんなはスマホ見てるの?」








「・・・・」(うなずく)









「そしたら、あなたはなにしてるの?」










「・・・・・」





ハラハラハラハラ





涙をこぼす














こりゃ




辛いね








親として



辛いもんがある





まったく



必要性を感じない





けれど




持っていないことで




スマホを持っていないという



ただ

それだけのことで




こんな





疎外感を感じなければならない






ふうううう




大変な時代に生きてるな~










「あなたがスマホを持っていないと


みんなは仲間はずれにするの?」









「それはない」









「『うちは買ってもらえない』って

みんなは知ってるの?」









「うん。

前、話した」










そうか











スマホが欲しいのか



じゃあ、はい




とは


買ってあげられないよ






与えちゃえば



楽だろうけど







わたしの


頭が

固いか


古いか





頑固なのか・・・








この件に関しては



夫と


意気投合するんだよね







でもね




揺らぐのだよ























イマドキの子育ては





悩み多き





事情が


いろいろです













{132E10E6-D14C-4518-80A4-CCCCB8970A00:01}

↑長女コレクション(タイル)

















{70E9F172-093B-4362-8614-3836B4A276AB:01}

↑自慢の逸品






























とんちゃんへの

お問い合わせはこちら













にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

4. Re:無題

>フラニーさん

そうなんですよね
子どもの言う
「みんな持ってる」
のみんなって結構怪しいんですけど

この場合
6人の仲良しグループのうち、長女以外の5人が持っていた
という状況でした

はああああ

悩みます

3. Re:こんばんは

>三快治療院の院長さま
コメントありがとうございます

ほんとーにほんとーに
イマドキの子育ては
常に戦いだと思います

戦わなくてもいいのかも知れないけれど
やっぱり
怖いです、スマホ

2. 無題

でも、こどものみんなは、ほんとうにみんななのでしょうか?
がんばってください!

1. こんばんは

我が家も同じことを夫婦で話しています

三快治療院 院長
自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示