子どもとは・・・身の程知らずに伸びたい人




こどもとは?

こどもとは?



こども

の定義

って
なんだろう





こどもってなんだろう







こんなふうに
こどもを
きっぱりと定義する人
初めてだ







こどもとは

身の程知らずに伸びたい人

一歩でも前進したくてたまらない
そして、
力をつけたくて、希望に燃えている、その塊が子ども











ああ

本質的には
こどもって
そうなんだ、きっと






こどもの本質を

ゆがめちゃってるんだね、おとなが










大村はまさん

国語の先生



たまたま

図書館に





教えるということ(共文社:昭和48年11月初版)

という
古ぼけた感じの
著作があった


ぴぴっときて


借りて読んでみた



新編教えるということ

新編教えるということ
著者:大村はま
価格:864円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る











そのなかの


「教師の資格」と題する文章に

先ほどの

こどもの定義が登場します










研究することは「先生」の資格

「研究」をしない先生は、
「先生」ではないと思います。

(略)

とにかく、「研究」ということから離れてしまった人というのは、
私は、お年が二十幾つであったとしても、もう年寄りだとおもうんです。

つまり、前進しようという気持ちがないわけですから。

それに、研究ということは苦しいことなんです。

ちょっぴり喜びがあって、あとは全部苦しみなんです。

その喜びは、かけがえのない貴重なものですが。



研究ということは、「伸びたい」という気持ちがたくさんあって、それに燃えないとできないことなんです。
(略)

子どもというのは、
「身の程知らずに伸びたい人」のことだと思うからです。


いくつであっても、伸びたくて伸びたくて・・・・・・、
学力もなくて、
頭も悪くてという人も伸びたいという精神においてはみな同じだと思うんです。

一歩でも前進したくてたまらないんです。

そして、
力をつけたくて、希望に燃えている、その塊が子どもなんです。


勉強するその苦しみと喜びのただ中に生きているのが子どもたちなんです。


研究している先生はその子どもたちと同じ世界にいるのです。

研究をせず、子どもと同じ世界にいない先生は、
まず「先生」としては失格だと思います。


(引用ここまで)











わたしはもちろん
国語の先生ではないけれども


この著作に書かれていることを


「絵本講師」の目で読んでみると

めちゃくちゃ

ひじょうに

思いがけず

ためになる









いつだって


場数をいくらこなしたって


どうすれば

伝わるか


どうすれば



わたしの持っているものを

うまいこと差し出せるか





それを



妥協せず

研究をおろそかにせず



いつも

考えていることの  


大切さ








年齢関係なく

「伸びたくて伸びたくて」

って


気持ちを忘れない自分だったらいい








安易に

「ありのまま」


受け入れない自分でいい








一見、関係ないようだけど

いつも自分に引き付けて考えると

無駄なことは
なんにもない




お名前は以前から知っていた

大村はまさん







昭和3年生まれの
とっても魅力的な
国語の先生


わたし

この先生に教わりたかったな













はまゆう

















とんちゃんへのお問い合わせはこちら








絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
5位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示