ちょっとややこしい憲法フェチ 井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法





5月3日は


何の日でしょうか?










憲法記念日


ですね









実はわたし




憲法フェチ



なんです








憲法フェチ









憲法


好きなんです







なぜ


好きかと言うと













よくわからないから


です










よくわからないから


憲法を
わかりやすく解説してくれる本




ないかしら









けっこう

読みました







あたらしい憲法のはなし復刊

あたらしい憲法のはなし復刊
著者:童話屋
価格:308円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る











オヤジ国憲法でいこう!増補

オヤジ国憲法でいこう!増補
著者:しりあがり寿
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る









憲法九条を世界遺産に

憲法九条を世界遺産に
著者:太田光
価格:734円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る







方言で読む日本国憲法

方言で読む日本国憲法
著者:大原穣子
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る












でも


なんかよく


わからない






なんだか


わからない







けど

なんか

気になる



憲法フェチ



なんです











そんな



ちょっと

ややこしい憲法フェチのわたしが



やっと


腑に落ちた


憲法の本が


これです














井上ひさしの
子どもにつたえる日本国憲法

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法
著者:井上ひさし
価格:1,028円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る














井上ひさしさんが


やさしいことばで


日本国憲法の

前文と



第9条を



読み解いてくれている




やさしいことばに翻訳してくれている









すごく


わかりやすく









そして


読むたびに










泣きそうになる













憲法記念日には



声に出して読みたい











特に

この部分




前文の
一部抜粋引用









私たちが、
同じ願いをもつ
世界のほかの国国の人たちと
心をつくして話し合い
そして力を合わせるなら
かならず戦はいらなくなる







私たちはそのようにかたく
覚悟を決めたのだ






引用ここまで













心をつくして話し合い



というところね






そして



とにかく


主語は


「私たち」



なのね










「私たち」の


日本国憲法
なんだ



ってことが


わかる












そして

第9条のこの部分


一部抜粋引用









もう二度と戦はしない(第9条)



私たちは、
人間らしい生き方を尊ぶという
まことの世界をまごころから願っている

人間らしく生きるための決まりを大切にする
おだやかな世界を
まっすぐに願っている


(略)



どんなもめごとも
筋道をたどってよく考えて
ことばの力をつくせば
かならずしずまると信じるからである


よく考えぬかれたことばこそ
私たちのほんとうの力なのだ







引用ここまで


















ことばの力をつくせば
かならずしずまると信じるからである


よく考えぬかれたことばこそ
私たちのほんとうの力なのだ










ここが好き



第9条には

こんなことは書いてない


でも



わたしはことばの力を信じ続けていたい




考えぬかれたことばの

ちからを信じたい















憲法前文


声に出して読んでみることをお勧めしたい











声に出して読むだけで


なんか


勇気がわいてくるような


そんな

ちからを持っていると思う










1年に1回くらいは


声に出して読んでみたい











以下

読んでみてください






日本国民は、
正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
われらとわれらの子孫のために、
諸国民との協和による成果と、
わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、
ここに主権が国民に存することを宣言し、
この憲法を確定する。

そもそも国政は、
国民の厳粛な信託によるものであって、
その権威は国民に由来し、
その権力は国民の代表者がこれを行使し、
その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、
この憲法は、
かかる原理に基づくものである。

われらは、
これに反する一切の憲法、
法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、
恒久の平和を念願し、
人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、
平和を維持し、
専制と隷従、
圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、
名誉ある地位を占めたいと思ふ。

われらは、
全世界の国民が、
ひとしく恐怖と欠乏から免れ、
平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、
いづれの国家も、
自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、
政治道徳の法則は、
普遍的なものであり、
この法則に従ふことは、
自国の主権を維持し、
他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、
国家の名誉にかけ、
全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。














今の日本のありさまを

井上ひさしさんが知ったら



どんな

ことばを


わたしたちに

伝えようとしてくれたでしょうか?






蓮











大好きな

チャルカフェで


明日



憲法カフェがある









チャルカフェのフェイスブックから

転載します








◎憲法カフェ◎

5月3日(日) 憲法記念日
12時~15時頃まで

「日本国憲法」読んだことありますか?

世界中で注目されている平和憲法です。

国民主権と 国民の平和 のみならず、世界の人々が等しく幸せになるようにと語る「前文」
非戦を誓った「第9条」
はたまた その自由や権利は国民自らの努力によって保持しなければならない…と明記する「第12条」などなど
読み物としても とても深く 感動的で 心に響くものです。

そして、
国民の秩序を守るためのルールである「法律」と違い、
「憲法」は、その法律をつくる権力が暴走しないようにと 国を縛るためのルールです。

(だから 政治家は憲法を守る義務があって、そもそも改正しようとしているのは、憲法違反なのですねー)

「権力」は、国民が 国の統治者に預けているものです。

それをきちんと行使するために、憲法があります。

憲法は、私たちの力となるものです。

ただ 読んでみるのもよし
掘り下げてみるのもよし
自民党の「改正案」と読み比べるのもよし
三宅洋平の伝説的?選挙フェス最終演説での9条朗読の映像を観るもよし
おしゃべりするもよし

それぞれ 私たちの 「日本国憲法」と向き合ってみましょう◎

お気軽にご参加くださいね

参加費 : 500円 ( おむすびなど軽食つき。お飲み物は別途 自由にご注文ください )

★ご飯の用意がありますので、ご予約ください。
ご飯のいらない方は、ふらりときて お飲み物などご注文ください。
おやつは 何かあるかも です。











行きたい



(けど、行けない・・・残念すぎる)




























とんちゃんへの

お問い合わせはこちら








2015年4月18日にメルマガ始めました


日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

5. Re:はい!よろこんで!

ありがとうございまーす✨

4. はい!よろこんで!

>よしこちゃん!
ありがとう
今日は行きたいけど
行けないの
魂だけ送っとくから\(//∇//)\
読んでくれるの、光栄です

3. 無題

とんちゃん、この記事、憲法カフェで読ませてもらってもいいですか?

2. Re:いのうえさんのこの本は

>うきょうさん
そうですよね
たくさんの人に出会ってほしい本です
感動しました、わたし
選びぬかれたことば
だと思いました

1. いのうえさんのこの本は

わたしも、ボランティア先のカフェに憲法記念日前後にシフトが入っているときには置いています。「頭のいい人はちがうわねー」って言われることもありますが、人目に触れる、触れさせるだけでも何かがちがうんじゃないかなーと。
自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
4位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示