ヒロシマに行ってきました報告会で絵本






ヒロシマ子ども平和スタディツアー報告会

にて

絵本読み聞かせのご依頼をいただきまして


読んできました






{A6B43FC4-5F79-49C4-86CD-B2F1442E8D27}






生活クラブの活動の一環として

カンパを募り

平和や環境を守ることの大切さを語り継ぐ活動として

毎年、小学生を広島へ派遣しています



その活動報告会での絵本



ということで



いつもはなかなか読む機会のない絵本をあれこれ選んで持って行きました





まず


読んだのは



ひろしまのピカ


この絵本は

いちじ、「おかあさんがないちゃうえほん」

として我が家では認識されていました



もうね、ダメなんです

みいちゃんが我が子だったらと思うと

ダメなんです


でも、泣かずに読めました


「ピカは、ひとがおとさにゃ、おちてこん」


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひろしまのピカ [ 丸木俊 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/11/16時点)













どうしても

こういう絵本は必要なんだけど、重い





ノーベル文学賞受賞の


ボブ・ディラン作のこちらを読みました



はじまりの日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじまりの日 [ ボブ・ディラン ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/11/16時点)











「流されることなく 流れを 作りますように」







シュールなこちらも

思い切って読みましたら

意外に

小さな子が興味を示す

かなりシュールなんですがいいんですか?




せんそうごっこ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おばあちゃん,ひとり,せんそうごっこ [ 谷川 俊太郎 ]
価格:1851円(税込、送料無料) (2016/11/16時点)







きれいごとじゃない



ごまかさない



結局

戦争ってこういうこと




それが子どもにも伝わるのかもしれない






あまりにもシュールに読み聞かせが終わるのは嫌なので



結局、わたしたちのこういう活動はすべて


このため

なんじゃないかな


世界中のこどもたちが

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界中のこどもたちが [ 篠木真 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/11/16時点)













手話つきで小学生が一緒に歌ってくれた






ほかにも何冊か持って行ったのは


手にとって見てもらいました





















実際に行ってみる


話を聞いてみる


これはほんとに尊いこと



こういう地道な活動を意志を持って続けていることが生活クラブの好きなところ





「じょうこうさん、生活クラブの会員だったんですね」



と言われます


そうです、ずっと会員です


うちの家族の体の半分くらいは生活クラブでできてます



週のなかばに食材が届くことがどんなにありがたかったか









☆☆お問い合わせはこちら☆☆



☆これからの出没予定はこちら☆



スカイプセッションはじめました




(かなり)頻繁に届きます イベント先行お知らせなども
 ↓   ↓   ↓     
絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター





応援クリックしてくれたらうれしいです
 ↓  ↓  ↓   
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村














おばあちゃん ひとり せんそうごっこ



ずっとずっとずっと

気になってた絵本を


ついに

買いました、愛知で


愛知にいた3日間、毎日、お会いしてた伊藤義明さんが店長の


小さな絵本屋さん



花のき村にて


買いました







{B2F8C119-B305-46D1-B950-C31CC04DD357}

↑こちら、店主の伊藤さん くれあちゃんちでギターを弾きながら歌い読みしてくれました


















花のき村では





たくさん、ほしい絵本はあったんだけど


これ






これにしました












商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

おばあちゃん,ひとり,せんそうごっこ [ 谷川 俊太郎 ]
価格:1851円(税込、送料無料) (2016/9/8時点)
















ずっとずっとずっと



その独特なたたずまい


ただもんじゃないオーラ




引き寄せられていました















心の中の、ほしい絵本リストの上位にいました









で、まあ


伊藤さんといろいろおしゃべりしてて


やっぱりこれは


「買い」だな


と思って買いました










絵本ってさ


どこでも買えるじゃない


ネットで注文すれば翌日にはポストに届いて、便利だよね












でもね


あの書店のあの棚で買う


あの書店のあの棚にしかない


そんな絵本もあるんだよね


問屋に在庫がありません、とかさ





そしてね


昨晩、ちゃんと読もうと思って


隣に8歳女子末っ子がいたから


読んだのね、布団で











いやあああああ




衝撃的




怖い




いいのか?




やっぱり




そうきたか




参った












そんな絵本でした






こりゃあ


よそで読む機会はそうそうない

















花のき村さんのことは

絵本講師 花梨ちゃんのブログを見てください













ちなみに

この絵本は

花のき村さんには

あと1冊はありましたよ











とんちゃんへのお問い合わせはこちら






【進学塾に行かずに数学で10をとる子の育て方】の購読申し込みはこちら


絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝







3冊の絵本 70th night いらないよね!!安保法制

{041C2494-99AB-4B84-8D4F-69775FED9013:01}










希望者挙手制のスピーチの最後の方で

一番前に座って最初から最後まで参加してくれた

小学校低学年くらいの女の子が


すっと手を上げて

ぴっと手を上げて

そして
マイクを持ってみんなの前に立って






「誰かが言ってたんだけど
いろんな人が声をかけると
もしかしたら戦争がなくなるかもしれない
だから
わたしは家でチラシを作って
みんなに呼びかけたいと思いました」

って

堂々と
自分の言葉で
想いをわたしたちに届けてくれた

民主主義ってなんだ!

これだ!

泣けてくるね

ほんと
泣けた




{C31B245A-2819-48B6-BCE0-3A8E8E68B385:01}









自分にできることってなんだろう? 戦後70年の安保|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本
http://ameblo.jp/osekkainaobasan/entry-12054623662.html









ポスター





いかに自分が不安だったか

持っていきどころのないモヤモヤを抱えていたのか







あの場で

みんなが紡ぐことばを受けとめていたら

感じていたら

うれしくてうれしくて
涙が出た







想いを共有すること

ことばを表に出すこと

この場に居ることができた幸せ









もちろん、いまも、不安な気持ちはあるけれど
でも

誰かがなんとかしてくれるのを
ただ待つのではなく
自分ができることをひとつ
なにかしよう


動き出す仲間がいること








あさみちゃんの歌う

にじ


みんなで歌った


世界中のこどもたちが




涙と鼻水でぐちゃぐちゃになった








智子さんの
怒りのスピーチ

かっこよすぎてホレた
惚れ直した







まきちゃんのヨガ

深い呼吸を合わせて
平和を祈る

平和って
意外と簡単なんじゃない?
って思えた

全部吐いて
大きく息を吸う
ゆっくりゆっくり吐く

心の中にいつも平和がありますように








みさきちゃん

みさきちゃんの言うとおり

平和はもうあるよ

そう、

すでに在る
んだよね

平和って

戦争をしたい人なんてほんとはいない

そうだよね








さえちゃんのスピーチ
声をふるわせて
語る言葉に
ふるえるほど共感
わたしもここに居れてうれしい






ナオミさん
マイクを持たせたら
やっぱり!ナオミさん


ふつうのお母さんだったナオミさんが
教育基本法の改正のとき
「戦争のできる国になっちゃうんじゃないか」と不安を覚えて議員になった
でも今まさにその道を進もうとしていることへの怒り

「そんなこと言ってる場合かよ!」

力強く響いた





{F11339C5-52CA-4345-8FC8-C10A73493E11:01}





なおこちゃんの
魂こもった
カンパ箱のインパクト

カンパ箱









4人のイケメンの母のスピーチ


泣いた





浮かび上がる幻想的なキャンドル







小田原ディジュミーの皆さんの

ディジュリジュの音楽も
もっともっと聴いていたかった



小山田さんの大きな声の司会
絶妙だ
この会の雰囲気を決めた







そして


動画再生と音響を支えた
ふたりの王子







動画はこちらにあります

(↑絵本の部分は著作権の配慮をしてあります)












わたし?




わたしは



絵本を読ませていただきました




{3F2E163A-41F6-41C7-B7BC-BEB23D6EFF0C:01}






いきなりの


トップバッターで


ひるみました



予定では


2番手だったのです




今回


ナオミさんにお誘いいただいた

「とんちゃん、絵本読んで」って



ありがたいお声かけ





もう


その時点で


どの絵本を読むか


決めていた


順番も


決めていた






まず



松谷みよ子さんの



まちんと

まちんと改訂

まちんと改訂
著者:松谷みよ子
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る







松谷みよ子さんの
遺志を

継ぐ気持ちで読みました







それから

自分のこととしてひきつけて考えるきっかけとなった


こちらの絵本



戦争で死んだ兵士のこと


戦争で死んだ兵士のこと

戦争で死んだ兵士のこと
著者:小泉吉宏
価格:950円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る









そして


やっぱり


最後はこれ




谷川俊太郎さんの


せんそうしない


せんそうしない

せんそうしない
著者:谷川俊太郎
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る











これしかない

これしかない

セレクト








始まる前は

緊張してたけど


だって


こんな場所で

読んだことないし



でも





いざ

読みはじめたら


やっぱりこの


与えてもらった

この時間

この場所


尊い



ありがたい



伝われ


共有したい



そんな想いを



乗せて





読みました




どうもありがとうございました













自分の中で


ある意味



ターニングポイント




なった気がします







{10A6B9D2-4FD2-450A-8E63-A9382B9A626D:01}












とんちゃんへのお問い合わせはこちら








絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝






自分にできることってなんだろう? 戦後70年の安保

ただ漠然と

誰かに

任せておけばいい


のではなく



わたしのこと


として


考える







任せっきりにしておいて


それでいて




後から

つべこべ言うのは



嫌だ





だったら



できることを



自分ができることを




自分にはいったいなにができるのだろう?











そうね


絵本を読むことは


できる







絵本を読む



ことで


参加したい






こちら






ポスター




声をかけていただき


感謝














先日の


伊藤朝日太郎弁護士さんの


お話しを聞いて




もやもやしていた安保法制の


ほんの一部がちょっと見えた






こどもたちが

この先


何十年も


この世界で



すこやかに



暮らしていけますように






この子や



この子の子や



その子の子の子までも



ずっと


ずっと



ずっと



健やかに







泣いたり



笑ったり




怒ったり






当たり前に





当たり前のことを



当たり前として






暮らしていけますように








そんな想いで




絵本を読ませていただきます




















ヘンな話







なんだかわかんないけど




フラッと寄ってみた





でもいい







遠まきに見てくれてもいい















にじり寄ってくれてもいい








こんな人たちがいるって





知ってもらうだけでもいい












わたしのように




民主主義




なんて



今までは





他人事



だった











としても




















以下

フェイスブックページより引用



70th Night ~いらないよね、安保法制~


 戦後70年、たくさんの悲しみ、苦しみを経て、私達は、民主主義を手に入れ、武力にたよらない平和を、大切に守ってきました。

そんな中、行われた、国会での安保法制の強行採決。

「私達の平和は?私達の民主主義は?」
どうしたって、胸騒ぎを覚えずにはいられません。

”民主主義とは、求め続けなければ消えてしまう未完のプロジェクトなのです”~SEALDs より

そう。私たちは気づいたのです。
民主主義も、平和も、誰かが与えてくれるものではなく、
私たち自身が、自分達の手で守り、大切に次の世代につないでいくものだということに。

アナタのその思い、アナタのその声が、安保法制を強行採決したこの流れを、変える力になります。

8月9日、長崎に原爆が投下されたこの日、
皆で集いましょう。
そして、もう一度共に考えましょう。
私達の平和を。
私達の民主主義を。

『私達に、安保法制は、いりません。』



日時 8月9日
   17:30~19:30

場所 北条ポケットパーク(小田原駅前、ニッキーのいる公園)








ピースライブや

今話題沸騰中のあかりちゃんの映像上映

キャンドルナイトもあります



わたしは


読みたい絵本が3冊



あります













憲法のこころ ことばのちから 井上ひさしさん おかしいよ

安全保障関連法案

採決強行









ただごとじゃない


そんな

感覚はある








でも


実は


具体的に

自分にどんな影響があるのか



よくわからない









イメージでは


なんとなく


不安








どうなるの?


どうなるの?


うちの

たろうが



戦場に行くの?







それとも


もしかして


ここ




戦場になるの?









誰かが



原発のたくさんあるこの国に


原発めがけて


爆弾落としたら

どうなるの?












憲法第9条で


戦争をしない






宣言していた日本が







いや

そうでもないよ

するかもよ









いうんであれば






じゃあ

しましょうか









しかけてくる国が近くにあったりするんじゃないの?













ねえ



井上ひさしさん






憲法ってなあに?









憲法のこころ

って

なんだったの?






井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法
著者:井上ひさし
価格:1,028円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る













以下引用




この国のかたち(前文)



国民がみな、
ひとつところに集まって
話し合うことはできなし
たとえできたとしても
やましくてなにがなんだかわからなくなるだろう

そこで私たち国民は
決められたやり方で「代わりの人」を選び
その人たちを国会に送って
どうすれば私たちの未来が
よりよいものになるか
それをよく話し合ってもらうことにした








引用ここまで










どうすれば

私たちの未来が
よりよいものになるか


話し合ってくれるんだよね?




話し合ってくれるんだよね?





話し合ってくれるんだよね?








強行?



強行?


強行?









強行って

話し合いじゃないよね?










やり方


間違ってるよ








それは


わかるよ、わたし







やり方


間違ってる



根本的に


間違ってる







わたしですら

それは


わかるよ






以下引用






私たちが、同じ願いをもつ
世界のほかの国国の人たちと
心をつくして話し合い
そして力を合わせるなら
かならず戦はいらなくなる














わたしは

それを

信じてる




信じているよ





心をつくして


話し合おうよ



そこから

すべてが

始まると信じてる




私たちはそのようにかたく
覚悟を決めたのだ





そう

それは

ちっとも
変わってない


ちっとも
変わってないんだよ






この国の生き方を決める力は
私たち国民だけにある

そのことをいま
世界に向けてはっきりといい
この国の大切なかたちを
憲法にまとめることにする







国民

って


わたしのこと


だよね



ねえ


おかしいよね





おかしい


なんか

おかしい











憲法って

いつから


変わったの



いつのまに

変わったの?



だれが

変えたの?




ぜんぜん


気づかなかったよ







わたし


ほんとに

よく


わからない



わからない







以下引用










もう二度と戦はしない(第九条)


私たちは平和的な生き方を尊ぶという 
まことの世界をまごころから願っている

人間らしく生きるきまりを大切にする 
おだやかな世界を 
まっすぐに願っている

だから私たちは 
どんなもめごとが起こっても 
これまでのように、
軍隊や武器の力で 
かたづけてしまうやり方は選ばない

殺したり殺されたりするのは 
人間らしい生き方だとは考えられないからだ 
どんな国も自分を守るために 
軍隊を持つことができる

けれども私たちは 
人間としての勇気をふるいおこして 
この国がつづくかぎり 
その立場をすてることにした

どんなもめごとも 
筋道をたどってよく考えて 
ことばの力をつくせば 
かならずしずまると信じるからである

よく考え抜かれたことばこそ 
私たちのほんとうの力なのだ

そのために、
私たちは戦をする力を 
持たないことにする

また国は戦うことができるという立場も 
みとめないことにした













よく

考えぬかれたことば



これを

ないがしろに
しては
いませんか?







みとめていないんですよ

わたしたちは







戦うことができる

という立場を

認めていないんですよ、決して










そうだったよね?


違う?


違った?






不安です



どうして




こうも



憲法で
うたわれている


基本的なことが


ぐらぐらと

足元から




揺れるんだろう?






デモにもいけない



なにをすれば

いいんだろう?



なにができるんだろう









ことばのちからを

今こそ


信じたい








花








谷川俊太郎さん



せんそうしない

せんそうしない
著者:谷川俊太郎
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





そう


せんそうしない







とんちゃんへのお問い合わせはこちら








絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝






クレヨン ドドーン【再掲】

2013年8月に書いた昔の記事を
今あえて
再掲します





以下














また、モモちゃんシリーズなんだけどね
どうしても
これも言いたい。


これね、

反戦のメッセージ

とてもいい形で伝わります。







モモちゃんシリーズに

反戦

なんてテーマのお話
あった?




ありました。
再読して知りました。




これがとてもいいのです。

モモちゃんとプー

モモちゃんとプー
著者:松谷みよ子
価格:1,155円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





このなかの
クレヨン ドドーン


っていう
お話です。





うめのはな


モモちゃんと友達のコウちゃんが遊んでいるとき、
テレビをつけたら
戦争のことばかり放送していたの。





「せんそう、モモちゃんちにもくる?」



「ねえ、どうしておとなたちはせんそうするの?

せんそうなんてやめて、
ご本よんだり、
えをかいたりすればいいのに、
ぞうさんとか、
お花とか、
それから、
およめさんとか、さ。」












どうして、せんそうをするの?




っていう、
モモちゃんの問いに

わたしたち大人はわかるように答えられるかな






モモちゃんは、こう考えました。




「わかった、クレヨンないのよ、きっと・・・。

だからせんそうするんだ。」


「がようしだってないんだ、きっと!」










そうして、二人は大砲のたまのかわりに、画用紙とクレヨンを詰め込むのです。

ドドーン。




そうしたら、戦争をしていた兵隊さんが





「わあい、クレヨン、クレヨン!」



って、絵を描き始める・・・





じゃがいも







でも


それは、モモちゃんの夢でした。



「せんそうしてるよ、
まだしているよ、
せんそうやめえっていったのに。」





モモちゃんの願いは届きません。




きませんよ。
あのせんそうはとおいところなの。

でももしそばまできたら、
ママが、だめ!っておこるから、ね。」





「でも、どこかでしているんだよ、

それなのに、
だめ!ってママ、いわないの?


はやくいわないと、
みんなしんじゃうよう。」






モモちゃんのいうことは正しい。


モモちゃんは5歳。


5歳のモモちゃんの言うように

兵隊さんだって、
もともとは、

クレヨンと画用紙が好きな、
お絵描きの好きな子どもだったんだよね。


戦争したくて戦争しているわけじゃないんだよね。




それに



どこかでしていて
近くでしてないから
いい


ってもんじゃないよね




だめ


って言わないと


みんながだめって言わないと


みんな死んじゃうよね

言っても無駄ってことないよね






モモちゃんが、

「せんそうやめえ」

っていったのに
この世界のどこかでは
まだ、
戦争しているね






やめえ

って
みんなで言わなきゃいけないね














戦車



おせっかいなおばさんのおすすめ絵本 モモちゃんとプー


投票しましたか?





末っ子と手をつないで


投票に行きました





{06EB4AE6-B1F2-4A12-BAD5-7B56B44498BD:01}











「選挙に行くの?」


「そうだよ、
この国の未来を決める人を選ぶんだよ



あなたたち3人が戦争に巻き込まれないように


戦争をしない人に

お母さんの大切な1票を入れるんだよ」


「戦争のお話し、朝会のとき、校長先生がしてくれた」



「そう、校長先生がしてくれたんだ」











投票にいきましたか?







わたしはもちろん行きました





{340004E0-96B3-4B0A-9259-02D26AB64B98:01}













この子たちの未来が

戦争に巻き込まれることのないよう



わたしの大切な1票を投じてきました












投票しても変わらない?



そんなことはない





とにかく



子どもを戦場へやるのはいや











憲法9条に


誇りを持ち



戦争をしない国
日本として



戦争をしない国だからこそ


やらなければならない使命を



この世界中のこどもたちのために




国として
まっとうするべき










戦争をしないから


一目置かれているはず





戦争をしない国だから


できることがあるはず




戦争をしている国同士の


仲立ち




そういうの

もっと

うまく

やれるんじゃない?







あたしは




あたしのできることからやるから








国として




頼むよ







政治家さんたち












井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法
著者:井上ひさし
価格:1,028円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



この本は

必読


こんなに

難しいことをわかりやすく文章にできるのは
井上ひさしさんしかいない













「平和」がテーマの絵本って?|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本「平和」がテーマの絵本って?|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本



やっぱりまた語り合いたい









にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝








戦争に負けた日に えんぴつびな








えんぴつびなは



ヤバイ










小学校5年生の長女







8月15日





日本が



戦争に負けた日











わたしが選んだ絵本はこの2冊


8月15日に読んだ絵本











ヤバイ





という

意味はわかるけど





今日はこれを読む






えんぴつびなえんぴつびな
作:長崎 源之助 / 絵:長谷川 知子出版社:金の星社絵本ナビ







涙をためて

じっと聞き入る長女









最後

ちらっと

目を合わせ

せつなく笑う






そして

やっぱり

ポロリと落ちてしまう









理不尽





理不尽





戦争

って





心の優しい小学生の命を

理不尽に

奪うものなんだ







なんにも

悪いことしてないのに

















わたしは



戦争を知らないから



知らないからこそ





絵本のちから



借りて





子どもたちと

思いを共有したい





まぶたに涙をためて

眼を見合わせた

娘の顔を

忘れないようにしようとおもう





わたしが

どんな顔をしていたかは

わからないけれど












はらっぱ

はらっぱ
著者:西村繁男
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る







これもいいね↑
自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
5位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示