カルペパー一家のおはなし





カルペパー一家のおはなし





ああ~


一気読み!!!


ああ~


ツボ!!!


少女時代の萌え萌えな

紙人形遊びにキュンキュン


これ!

男子にはわからないかも


わたし

小学校、もしかしたら、かなり高学年まで

紙人形で遊んでた

自分で作った紙人形


それに着せ替えの洋服をあれこれ作るの


月刊誌りぼんに出てくる主人公の

かわいらしい服を真似して作ったり

空き箱で

おうちを作ってね

自分の部屋があって

机があって

ベッドがあって



もうほんとに

飽きずによく遊んでた

こまこまこまこまと


あれ

とってあったら

かなりいい作品だったと思うんだよな~

ハイレベルないい作品だったと思うんだよな~





このカルペパーさん一家は

紙なのね、あくまでも


ペラっとしてるの


ペラッとしてるのに

その生き様は

なんてかっこいいんだろう?


ペラッとした紙人形のカルペパーさん一家は


勇敢で

好奇心が旺盛で

ユーモアがあって

お互いを尊敬し合い

間違いに気づいたら素直にすぐさま謝り

知恵を出し合い

なんて素敵な紙人形たちなんだろう








ああああ





これ


みんなに読んでもらいたい






以下引用

 ところがそのとき、カルペパー夫人の目がたまたま、ちらっと夫のカルペパーさんのすがたをとらえました。

カルペパーさんは、この不幸をものともせず、どうどうと立っているではありませんか。

「あの人が、かんがえているのは自分のことじゃない。」と、カルペパー夫人はおもいました。


引用ここまで




カルペパー夫人は、賢い紙人形で


取り乱して、泣いていたのに、ふっと客観的になれるのね



そして

まわりの紙人形のようすを

冷静に観察して気づくの



以下引用

「ないたのも、ぐちをいったのも、ただただ、気に入ったすみかがみつからないというだけのこと。

じぶんのおもうようにならないからって、あたし、ほかの人までみんな不幸にしてしまって。

あたしがなにもかもぶちこわしたのよね。

あたし、もうなかないわ。

だって、この世でなによりもだいじなのは、もういっぺんみんなに幸せになってもらうことですもの。」


引用ここまで



カルペパーさんは紙人形なんだけど

ほら、その生き様はペラッとしてないのね






きれいごと

だけじゃすまされないのは


これが


紙人形


っていうところにあるんだろうね




あわや!

というピンチも


紙人形

ということで


あっと驚き、切り抜ける!


児童書読んで

ププッと笑える

って


いいわよ~











以下引用

「みんながきぼうをもって、まえむきでいるときには、ものってたやすく見つかるんじゃないかしら」


引用ここまで





ほんとね



名言満載なのよ



瑞雲舎さんから2016年6月1日に出版されたばかりの

カルペパー一家のおはなし


めっちゃツボ!です











さとるのじてんしゃ


読むと

必ず

生クリームのかかったプラムケーキが食べたくなる例のあの本を読み終わって


いま

8歳女子と



夜寝る前に読んでいるのは


これ










さとるのじてんしゃ







これね~



いいタイミングで読めるといいよね



やっぱ


自転車乗り初めのタイミングが


ベストでしょうね







めっちゃ共感して

入り込んでくるよね




自転車








親もね


うちはうち

よそはよそ


って



自分の方針を貫き通すこと



こどもなりのコミュニケーションツールを奪うこと





いったい

どちらがいいんだろう?


って


悩んじゃったりすることもあるから




読んでて切ない気持ちにもなるよね






さとるのじてんしゃ

















(おせっかいな)絵本屋さんで購入した方への特典 購入した絵本の読み方指導のお申し込みはこちら






とんちゃんへのお問い合わせはこちら






【進学塾に行かずに数学で10をとる子の育て方】の購読申し込みはこちら


絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝




子ども時代に出会うべき本(語気強め)

これ

子ども時代に出会ってほしい本です

出会うべき本です(語気強め)

絵本というには

ちょいと分厚い

児童書の部類でいいのかな

そして

ぜったい読んであげてほしい

自分で読むのではなく

読んであげてほしい


いえ

読んであげるべき(語気強め)



わたし自身は

おとなになってから読んだの

これ

子どものときに出会いたかった

もう、ぜったいに無理だからね

子どもに戻るのは

だから

子ども時代に読まないのは親の責任

親の責任だよ(語気強め)


絵本を読むことを小さい頃から継続してきた子なら
4歳くらいから読んであげられると思う

(うちの長女は4歳で読んであげてた)

(そして、5歳のときは出かけるときに持ち歩いて、待ち時間に読んでた)


{2F411F04-D79A-4152-985F-2694C8B7031B}

↑自分で読んでますね(≧∇≦)




















その本ってなによ




これ



大どろぼうホッツェンプロッツ改訂

大どろぼうホッツェンプロッツ改訂
著者:オットフリート・プロイスラー
価格:1,080円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る






昨晩、やっと、何日もかかって

末っ子8歳に読み終えた














(おせっかいな)絵本屋さんで購入した方への特典 購入した絵本の読み方指導のお申し込みはこちら






とんちゃんへのお問い合わせはこちら






【進学塾に行かずに数学で10をとる子の育て方】の購読申し込みはこちら


絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝





ジミーとジャネットふたりはふたご の訳者は なんと!



末っ子8歳のリクエストにより


ここのところ、夜

この絵本、読んでるんだけどさ












ジミーとジャネットふたりはふたご













この絵本、もう10年以上うちにあるのに



いまさらながら

初めて気づいた


訳 いといしげさと







え?


糸井重里さん訳したの?!





ちょっとびっくり


そうだったんだ



そうだったんだ

とおもいながら読むと

なんか心の中の口調が

サツキとメイのお父さん風になる・・・







いやね、この絵本


わかってるのよ、わかってる




こどもゴコロをわかってる











「ほんもの」ってことに、強い喜びを感じる男の子



「ごっこ」遊びに真価を発揮する女の子


このふたりがふたごっていう、、、


そしてこのお父さんとお母さんが、いいのよね~





ちょっとイラッとしてしまいそうな場面も
軽やかにみごとに
こどもごころをひっつかまえて
おさめちゃう








学ばされるね~







{CD7FFBB3-3A6B-4C87-9A13-52C57DD83E92}














2カ月かかった ながいながいペンギンの話

2カ月くらい


かかったんじゃないかな、全部、読み終わるのに






ながいながいペンギンの話




ながいながいペンギンの話

ながいながいペンギンの話
著者:いぬいとみこ
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る










夜、寝る前に読む絵本


小学校2年生の末っ子セレクト





これがね



寝ちゃうの



寝落ち



こっちが真剣に
物語に入り込んで読んでて



ふと


横見ると





すーすーすー





・・・・





寝てる・・・



で、次の日、戻って読む



スースースー




寝落ち



で、次の日、また、戻って読む




スースースー



寝落ち






繰り返し繰り返し


2カ月くらいかかって


やっと読み終わった







子どもの頃、読んだな~



長女にも読んだな~



長男にも読んだな~





1963年か、いちばん最初は・・・


ってことは



53歳か



ロングセラーだね





まあ、読まなければならない名作


といっても過言ではありません





なにげに



絵空事ではなく


きちんとペンギンの生態がわかってしまう



なおかつ、ペンギンの兄弟、ルルとキキに感情移入してしまう







うちは2カ月かかりましたけれども


ぜひ



読んでみてください










ながいながいペンギンの話

ながいながいペンギンの話
著者:いぬいとみこ
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る







今日からは


これ

読みます





おうさまのたけうま

おうさまのたけうま
著者:ドクター・スース
価格:891円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


















にほんごであそぼ 絵本ワークショップ

わらべうたベビマとブックスタート教室

第3回おとなだって絵本の会@かくれんぼ ~お産

☆とんちゃんの絵本講座@UMECO ~良い絵本とは~

第1回 谷川俊太郎の絵本を読み合う会

マイクロライブラリー(とんちゃん文庫)にて絵本個人セッションの参加申し込みはこちら








とんちゃんへのお問い合わせはこちら








絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝






タフィーとパイとチーズ・プディングとロールカステラとパンケーキが食べたくなる本



食べたくなっちゃうんだよね



妄想をふくらませて



妄想でよだれをだらだらたらしながら




読む本











これは


名作





かしこいポリーとまぬけなおおかみ


かしこいポリーとまぬけなおおかみ (世界こどもの文学)/金の星社

¥1,188
Amazon.co.jp









初版は1979年


40年近く前の


まあ

古い本ですが




中身はぜんぜん古くない













かしこいおんなのこと


まぬけなおおかみ







というのは


古典的な組み合わせなのか









なぞなぞのすきな女の子

なぞなぞのすきな女の子
著者:松岡享子
価格:972円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





こちらも

大好き









女子は


好きだよね、この手のお話し




うちの女子ふたりも大好きです






ほんとに



ポリーの作るお料理は
どれもこれも



美味しそう、ダラ













おおかみがね


へんなとこで


律儀で


馬鹿正直で



にくめないところが



またいい
















年中さんくらいから


読んであげていいんじゃないかな~





そう、ぜひ読んであげてね





読み聞かせボランティアのおばちゃんは
読んでくれないからね





おうちでね



読んでね














おすすめ


ぜったい


おすすめ











{F00DA4AF-CA96-4E5D-9851-6C9746C3D843:01}


↑本文とは関係ありません笑
(流れるプール)























とんちゃんへのお問い合わせはこちら








絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝

たまごやきとウインナーと 村中李衣さん


読了


近所の図書館で



おはなし会の


練習の帰り






たまたま



目にとまった






あの


村中李衣さんの本だ!










はらぺこあおむし ピンとこない絵本|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本はらぺこあおむし ピンとこない絵本|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本












ギュギュギュっと



締めつけられるような




本だった





カバーの見返しに


こんなことばがある












読むことによって読者が癒やされるのではなく、

読まれることによって、

物語が癒やされていくー

そういうことがあっても
いいのではないでしょうか。



ーーーーー村中李衣



















たしかに






こどもの側の


気持ちを知る


ことができる




おとなの都合で


語られがちな


いわゆる



虐待


ネグレクト



だよね







こどもは



どんな



気持ちでいるのか



知ることが



できるかもしれない






ひとりでも


知る



ことによって




物語が癒やされる




たしかに




そんなことが




あるかもしれない













長谷川集平さんの絵が



また



絶妙に



いい













たまごやきとウインナ-と

たまごやきとウインナ-と
著者:村中李衣
価格:1,258円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




いっとき
絶版だったけど

復刻したのかな?

















にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝








小さい魔女

ぜんぜん





まったく







ちっとも









本を読もうとしなくなった長女12歳













それが



突然昨晩から



読み始めた









今は





小さい魔女









小さい魔女

小さい魔女
著者:オットフリート・プロイスラー
価格:972円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る










読み始めると







速い









どんどん







どんどん









読んでいる













スイッチが入ったかな?








自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
5位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示