名付け 命名について思うこと




名前





生まれた我が子に名前






ついてないと



すごく


困る






つい先日






赤ちゃんが生まれた知り合いに




「名前は?」



って聞いたら




「まだ

仕事が忙しくてバタバタしてて

やっつけでつけたくないから



まだ」










うん



名前は




やっつけでつけちゃいけない






だけどね






ついてないと困る







だって





産んだ母は




もう

その瞬間から



24時間




びっちりと




赤ちゃんと共にある






わけだからさ







呼ぶべき名前がないのって




ほんと




困るのよ




やなのよ




私の場合は




ヒステリー起こすほど




やだった








やっぱり



一人目で




夫が



もたもた


なんだかんだ


言ってね




名前が決まらなくてね





候補はあったんだけど




決まらなくてね







呼びたいじゃない?




語りかけたいじゃない?




なのに




呼びかける名前がない





って





心から


やだったね





精神的に


ちょっとおかしくなってるしね












だからね




二人目と



三人目は





もう



わたしが


考えて



つけたね、名前




すごく


すごく



考えた





夫にはもちろん


相談するよ





けど




最終的には





わたしが

つけた












二人目のときは


その



名前のことで



ゾッとするできごとがあってね



(それはまた別の機会に)















まあ、自分でも



ほんと


いい名前をつけたと思うよね





呼びやすい




名字との収まりがいい




そして


その




名前に込めた想い
















まあ、だからね





これから



赤ちゃん




生まれる人は







男の子の場合




女の子の場合




考えておいてほしいよね




そしてね





生まれた子に会って




いくつか候補があるなら




これだ!



って



ピンときた名前を




つけてあげてほしいよね




ママのためにも


はやく












早くね







呼びたいから




ずっと一緒にいるのに





一週間も



名無しじゃ




ほんと





困るのよ





たった1週間じゃないか



って




男の人は



思うかもしれないよね




でもね



違うんだよ、母にとっては














{D9D5589D-48FA-4E88-A133-0D02FA064125:01}

3歳のたろう:画























お産を語る合宿(妄想)




やっぱり

みんな


お産を語りたい






そんなわけで

お産を語る合宿
開催しようと思う





マジか?












マジ(笑)








いつにしよう







どこでやろう







これから
お産する人の
聴講は
どうする?






男性の参加は
どうする?






おんなだけで盛り上がる?






そうだよね

男はいれなかろうね






もちろん
子連れはOKで!
(こどもも聞きたいかもしれないし)










みんなの

お産



それは

それぞれの物語


ひとつとして
同じものはない物語




帝王切開も
それはひとつの物語



いのちを
この世に
産み落とした
あたしたち
おんなの

語る会








なんか
急に
お産のこと
語りたくなったのは



この本を読んだから

女子の遺伝子
よしもとばなな
三砂ちづる

女子の遺伝子

女子の遺伝子
著者:よしもとばなな
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る








この本

すっごく
おもしろくて
共感できて
ふせんつけまくりで読んだんだけど



よしもとばななさんがこう言う




何が楽しいということなのかは、
真剣に考えなければならない
と思うんですよ。

お産も
楽しいことのほうを
強調してくれればいいのに

と思うことが多いですね。






もしも

楽しくないお産だったとしても
いいじゃない





それを
語ることが楽しければ!





いやなら
聞くだけもいいし





あたし自身は


正しい妊婦も
正しいお産も
正しい子育ても

なにひとつ
満足にできてないわ


そもそも
なにが正しいのかさえわからないしね



でも
ある意味


究極的に
個人的な

お産

みんなで語ってわいわいするの
きっと楽しい

合宿するよ~



日本酒もってこ~い


あたしゃ
生だ~





この世でいちばん好きなもの


















(と、果てしなく妄想は爆走する・・・)












旧ブログの
過去記事で
妄想爆走してたんだけど



合宿は
みんな予定が合わないので



取り急ぎ

語る会を
開催することにした





こちら


満員御礼
キャンセル待ちです
ありがたいことに









合宿は延期します


夜な夜な
酒を酌み交わしながら
語るのも夢なんだけど、ね







お産は気持ちいい、いっそ快感ですらある


お産は



気持ちよかった


いっそ快感ですらあった








わたしは

3回
お産を経験しているのだけど






長女を産んだ2回目のお産が
最高だった









そして

お産ネタって
盛り上がるよね




みんな
自分のお産を語りたい






それぞれが
それぞれの
物語






興味のある人は

あたしの場合を聞いてほしい



その2回目の

サイコーのお産のはなし






長いっすよ

時間のあるときでいいっすよ


殴り書きっすよ


なにしろ
お産した日に
こんなこと
書いてんだから


いけないんだよ、ほんとはね




でも


これから
産む人の
ヒントもあるかもしれませんよ






さて


はじまりはじまり



お産ドキュメント ブールミッシュの包装紙
(お産後、6人部屋の真ん中のベッドに用意されていたごはんの上にかかっていたブールミッシュの包装紙)



お産ドキュメント
そう、ほんとうにコーフン状態に陥る
ハイな気分
自分の体から出てきた最初の顔
今でも覚えてる
わたしの父にそっくりの・・・
「あ、じいじ」って思ったの



お産ドキュメント②
きた、きたきた


お産ドキュメント③

お産のときに病院に持って行くものは用意しておくんだけど
最終的にバックに入れるものを書いて貼っておくと慌てなくて安心

そして
いつでも自分のことしか考えない夫

こちとら命がかかってるんだ
人生の一大事なんだ


お産ドキュメント④

妹がいいから
おなかの赤ちゃんのことを
ずっと
「いも」
って呼んでたの



お産ドキュメント⑥

カレー?!
あのすいません、陣痛室(分娩台にあがる前の部屋)に
カレーのにおいが充満してるんですけど?

お産ドキュメント⑦
お産後は
個室がいいね
気分がハイで
本能的になってるから


お産ドキュメント⑧

陣痛の合間に
ふっと寝るのは気持ちがいいよね





お産ドキュメント⑨

みごとな
破水


お産ドキュメント10

トイレで産まれたらどうしよう
本気で思ったもんね


お産ドキュメント11


この
男声の看護婦さん
頼もしかったな~



お産ドキュメント12

すんごい手際よかった


お産ドキュメント13

先生が来たときには
頭が出かかってた


お産ドキュメント14

出ようとするものを
戻すかんじが何回か

押し広げるかんじ

赤ちゃんが回転しながら
こちらの世界へ降りてくるかんじ

そして
ものすごく冷静に周囲を観察する経産婦(笑)



そしてね

ここから
大事よ

伝授するからね
安産のポイント


お産のポイントその1
いきむときは
おしりの穴に力を入れるように



お産ドキュメント15

お産のポイントその2
あごをひく


お産のポイントその3
奥歯をかみしめる


お産のポイントその4
目を閉じない




このね

胎盤が出ていく
ずるりん
というのが
快感だったね





お産ドキュメント17

長男たろうのときは
お産のなんたるかが
まったくわかってなくて

いきんじゃいけないときに
いきみまくって

裂けて
あとがひどいことになったが

今回は
会陰切開しなかった

生傷がないってのは
体がすごく楽


お産ドキュメント16



後陣痛は痛かったね
産めば産むほど
痛いらしいね




それにしても

どうよ
この冷静さ(笑)








こんなに
気持ちがいいなら
お産だけなら何回でもしたい

とおもったもんね



私の場合はつわりがはんぱなく
この子がいちばんつらかった
産むまで気持ち悪かったもん









新生児微笑



なぜ

わたしが

この
誤字脱字だらけの

自分のお産を披露しようと思ったか



それはいま

この本を読んでいるから


女子の遺伝子

女子の遺伝子
著者:よしもとばなな
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る







この本読んでたら


モーレツに

自分のお産について

語りたくなった











お産って怖くなかったよ


楽しかったよ

いっそ快感ですらあったよ



って


自分の体験を語りたくなった






生まれた日の新聞






おせっかいなおばさんのおすすめ絵本 初めてのあかちゃんを迎えたお父さんとお母さんに贈る絵本セット

母子手帳








※fcブログの過去記事より転載しました










自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
8位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示