退職されるお姉さまへ 贈る絵本 

退職される

お姉さまを


泣かせました




ええ




泣かせましたとも







退職される

お姉さまに



絵本を


贈りました









ええ


もちろん


その場で


包装をといてもらい







「読んでいいですか?」








読ませていただきました












Life(ライフ)




Life

Life
著者:くすのきしげのり
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

















ラストの頃は


声がふるえ



こみあげてくるものを



必死でこらえ


読みました












小さな

2畳くらいのスペースのお部屋を借りて







小さな

小さな声で


読みました











隣に座って


そっと


大切に読みました














読み終わると



お姉さまは



こう言いました










「読んでもらえて
こどもみたいに
うれしかった







わたしは

なにも

残せなかったと

思ったけど





こんな

花を残せたんだとしたら


うれしい」










涙を流してくれました









そうです






目に見えるものも


目に見えないものも



たくさんのものを



わたしたちに


くださいました






そして

それを

わたしたちは


また別の誰かに



手渡してゆくのでしょう









その

営みこそが




Life

ライフ





生きていくということ








なのですね













作者の
くすのきしげのりさんのブログより



以下引用


 「Life(ライフ)」は、この町の人たちがよく訪れるリユースシステムのお店です。
私は、この作品で、「Life(ライフ)」を訪れる人たちを通して、それぞれの「人生」の一コマと、この町の人たちのつながりを書こうと思いました。
「人生」ということを考えたとき、それは、「人が生きる」ということだけではなく、それぞれの時間の流れの中で、人と関わりあいながら生きることであり、言いかえれば、「人は、(生かされながら)生きている」ということなのだと思ったからです。
そして、これは書き進める中で考えたことであり、こうして作品が完成して、あらためて思うことなのですが、この作品の中で少し視点を変えてみると、訪れる人たちだけでなく、「Life(ライフ)」におかれた物たちも、そしてみんなが咲かせた花たちも、「Life(ライフ)」というお店自体も、さらにいえばおじいさんの想い出さえも、それぞれの時間の流れの中で、「(生かされながら)生きている」といえるのではないかと思うのです。











{8579DF9B-0545-4418-986F-B22879D0DA1D:01}







{F6590323-ED4E-477D-987A-805DC318BABD:01}

お別れ女子会にて
ひとこと
思いのままに
あいさつしましたら
追加でふたり
泣かしました

そんな
つもりじゃ
なかったのに



「反則だよ~」


泣き笑い顔で

言われました




















とんちゃんへの

お問い合わせはこちら













にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




生まれて2週間のイケメン





生まれて2週間のイケメンに会いに行ってきました








なんと


神々しいのでしょう




思わず手を合わせて拝みたくなってしまう







我が子の

この時期

にも
感じたけど











もう



存在そのものが



尊い











ほんとに




幸せな気持ちになる





ただ


そこに



在るだけで




こんなにひとを幸せにすることができるなんて




なんて





尊い














もちろん







とんちゃんおすすめの




ブックスタートに


ぴったりの




というか




王道中の王道の







あの絵本








この絵本








そしてやっぱり





予習?

復習?




のために絶大な威力を発する



あの絵本







プレゼントしました(^_-)-☆






もちろん




おせっかいなおばさんのおすすめ絵本
紙バージョン
ブックスタート編も
もれなく、ね





そしてもちろん




ミニ絵本レクチャーつき








こんな

スペシャルな




絵本生活のスタートは


ないわよ~









{D2A6CD78-DA53-408A-91B5-228726A9458A:01}

長女 生後1日↑




























本物の「おせっかいなおばさん」に近づけた気がする 絵本セレクトアドバイス 





怪しく




近づき
ようすを探り



しばらく

周囲を徘徊し




近づいたり


離れたところから



チラ見して



めっちゃ



怪しいおばさん






ついに!




お声かけいたしました




















絵本をお探しですか?









って!








いやね



ミクニ書店さんにね



POPを

お届けにいったんですよ、ほら








おせっかいなおばさんの

おせっかいなおはなし会の



おせっかいなPOP!





☆お知らせ おせっかいなおはなし会@ミクニ書店 やりますよ|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本☆お知らせ おせっかいなおはなし会@ミクニ書店 やりますよ|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本




{6BE06804-DB77-48DB-AB71-2BF8697F1B0F:01}









そしたらね




絵本コーナーにね



ご年配の

白髪まじりの

小柄なご夫人と

そのご主人が






ずっと







あーでもない


こーでもない




って



逡巡してるのね










電子音の出る絵本を手に取り、


迷ってまた棚に戻し



昔話がたくさん載ってる分厚いのを


手にとり


図鑑を手に取り

棚に戻し


って









ずっと


ずっと


悩んでるみたいだったのね











そんで


わたしも













ほら

小心者だから








ずっと

ようすをうかがってたんだけど









心の中で


「え~!
それ?

やめたほうがいい」




とか


いろいろ叫びながらね




そんで


見かねてついに


声かけちゃったのよ














「絵本をお探しですか?」


って






「ええ、そうなのよ、


でも、どれがいいか、ぜんぜんわからなくて」







「おいくつですか?」






「年中さんだから、5歳かな」







「男の子ですか?
女の子ですか?」








「男の子なんです」







「そうですか」








「お姉ちゃんが一年生でね、

字がたくさんあるのがいいかな、

ふりがなふってあるし」








「男の子だったら

これなんかどうですか?



いつも
怒られることが多いかもしれないですけど

怒られてる男の子の味方になってくれる絵本です。


1年生の女の子にもいいかもしれません

それに

読んであげるお母さんも、

キュンとしちゃう絵本なんです」










「あら、いいわね。

『冬休みになるとお母さんに怒られちゃうな』

って言ってたの」






「たなばたのお願いで短冊に

『おこだでませんように』って
書くんですけど、
季節に関係なく

読んであげたい絵本です」



おこだでませんように

おこだでませんように
著者:くすのきしげのり
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る











「あら、絵もいいわね。
わたしが読んであげたいわ」


「ぜひぜひ、おばあちゃんが読んであげてください」







「それから、女の子、
うちも

一番したの子は

1年生ですけど、
分厚いのだと勉強みたいになっちゃうので

けっこう

赤ちゃんぽいのを読んであげているんですよ」







「読んであげるんですか?」








「そうですよ、

まだまだ、読んであげてほしいです。
読んでもらうほうが

ぜったいうれしいですから。







これなんか
どうですか?


女の子がぬいぐるみと旅に出るお話しですけど


わたし

大好きなんです」





こんとあき

こんとあき
著者:林明子
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る












「あら!

いいわね。
これも
おばあちゃんちに遊びにきたとき

読んであげようかしら」








「ぜひぜひ!
そうしてあげてください

もしかしたら
お母さんは忙しいかもしれないから

おばあちゃんが

ゆったりとした気持ちで読んであげたら喜ぶと思います」










「ありがとうございました。


よかった、これにします」






















あああああああああ




よかっったああああああ




すっごく



自己満足かもしれないけど


嬉しい気持ちでいっぱいです

















どこかの

男の子と

女の子が



おばあちゃんやお母さんと幸せな時間を過ごせますように















ミクニ書店

ジャンル:書店・CD・DVD
最寄り駅:開成
TEL:0465826699
住所:神奈川県足柄上郡開成町吉田島572-1











にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




クリスマスの絵本についてのお願い

もし


もしも

もしも






さまざまな事情により


一年のうち

絵本を買うのが


クリスマスのときだけ



という


ご家庭があった場合













「クリスマスプレゼントだから


クリスマスの絵本ね








書店に行けば


クリスマス絵本コーナーがあるから


テキトーにみつくろって



買えばいいかしら









本屋さんに行く暇ないから




【テーマ】クリスマスに読みたい絵本 | 絵本ナビ【テーマ】クリスマスに読みたい絵本 | 絵本ナビ




☝️こんなサイトもあるし

テキトーにみつくろって・・・」











なあああああんんて





考えているとしたら













お願いだから

やめてほしい










image









そのときしか



我が家の絵本









手に入らない状況であるならば



クリスマスに限定された絵本じゃないほうがいい












しかも


クリスマス絵本というのは







中身をよおおおおおおく


吟味してほしい











クリスマス


サンタさん


ってのは






夢の国






全世界の大人が


スクラムくんでる


子どものための

夢の世界なわけでしょ










その中でも


我が家流


ってあるでしょ








我が家のサンタさんは

玄関から入ってくるのか


氷の国に住んでいて

トナカイにそりを引かせてくるのか







あるでしょ

いろいろ
イメージが









クリスマス絵本の中には



それをぶちこわしてくれる絵本もあるから



ちゃんと



ちゃんと


中身を読んで

吟味して









このクリスマス世界は

こどもと共有したいな




思えた絵本をぜひ選んでほしい







もし


書店でビニールのカバーがしてあって


中身が見えないようになっていたら







必ず


外してもらって

中身を見て


読んで


選んでほしい















ちなみに



わたしが



クリスマスの絵本の中で

好きなのは


こちら











クリスマスの三つのおくりもの

クリスマスの三つのおくりもの
著者:林明子
価格:1,389円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る












おせっかいなおばさんのおすすめ絵本 クリスマスのプレゼントにおすすめの絵本おせっかいなおばさんのおすすめ絵本 クリスマスのプレゼントにおすすめの絵本


旧ブログに詳しく書きました☝️











じゃあ



どんな絵本がいいの?



っていうご相談は


いつでものります










はい!よろこんで!











もう



サンタさんは

プレゼントを準備しているかな?


慌てふためいているかな?










誰かの人生に食い込む 絵本のプレゼント おならうた



数年前



職場の後輩夫婦に赤ちゃんが生まれた



2人目の赤ちゃんだ



その後輩夫婦に


出産祝いとして


絵本をプレゼントした













おならうた




おならうた

おならうた
著者:谷川俊太郎
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る











え?




出産祝いで









おならうた


















そう



弟が生まれて



うれしいけど

ちょっと
さみしい

お兄ちゃんに



パパが読んであげて








って





















そしたら

その夫婦は



そのお兄ちゃんに



「この絵本はとんちゃんがくれたんだよ」って


言い聞かせていたらしく
















おならうた






とんちゃん





セットになってインプットされているらしい











そしてまた



おならうた





めちゃくちゃ


彼のお気に入りらしい










そのママは






「わたしだったら


こんな絵の

絵本はぜったい選ばない


けど


こどもはとっても気に入っている」















そう



その家族の一ページに




おならうた



存在してくれて


うれしい












ぐいぐいと



だれかの
人生に食い込みたい











絵本を贈る


って



誰かの人生に食い込むくらいの


気合いでもって


選びたい











実際


食い込むのだし



おならうたイコールとんちゃん




って












おともだち











にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




これから赤ちゃんを迎える人におすすめの絵本 みんなあかちゃんだった 鈴木まもるさんのリアル

初めてのあかちゃんが生まれる人におすすめの絵本




これから


初めての赤ちゃんを迎えるご家庭に


プレゼントするなら


この絵本



おすすめだなあ






これ


みんな
あかちゃん
だった




みんなあかちゃんだった

みんなあかちゃんだった
著者:鈴木まもる
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る











扉にこう書いてある







世界じゅうに
たくさんの ひとが
いるけれど
さいしょは…








みんな あかちゃんだった

みんなあかちゃんだった

みんなあかちゃんだった
著者:鈴木まもる
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る















この絵本は



鈴木まもるさんの講演会に


参加したときに出会ったの








鈴木まもるさんはなんのために絵本をつくっているのか|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本鈴木まもるさんはなんのために絵本をつくっているのか|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本











鈴木まもるさんは



絵を描く人だから



長男の

薫くんがうまれたとき




克明に


育児日記を



絵日記で



描いていた









その


大学ノートを


見せてもらったんだけど





こどものそばにいて
一緒に生活している人の
リアルがある












そうそう


そうそう


そうだったそうだった











こどもの成長とともに


どんどん忘れてしまうけど



そのときは



リアルにそうだった












鈴木まもるさんは



想像で描いてない









リアルにこどもと生活を

ともにして



よく見て


楽しんで



いる



あの


大学ノートが

ベースになった


この絵本は



とことん






リアルだ



















この絵本は



読み聞かせ会では


読まない



読めない





親子で



わいわい

いいながら



楽しむ絵本









これから

赤ちゃんがうまれるひとが



イメージトレーニングするための?


絵本















にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




自分を満たしてほしい 最初の質問




自転車に乗りながら
泣きました






涙が
あふれて
とまらなかった







なんだろう


いつも
一緒にいるわけじゃないけど

語り合っているわけじゃないけど

でも


同志



だと思ってたんだな





平成7年に


新人として


配属された









所属する職場は違うけれど


新人の
あたしたちは



先輩の

教え?

しごき?

いじめ?





共に耐え

泣き

笑い

ばかなことをして






濃い
濃い
時間を
共に過ごした






その後も
ずっと
ずっと
それぞれの環境は変わっても








あたしたちは







同期


だった






その

彼女が








辞める

















なんで?




辞める?









今では

それぞれの仕事が忙しく



前のように


つるんだりする
時間は
ないけれど




彼女が


辞める










それは








ショックだった








そのことを

思うだけで


涙が出る










わたし



彼女に



絵本を



贈ろうと


思う




一生懸命で

いろんなものを
抱えすぎた


彼女に


ぴったりの絵本は


ないかしら?







本屋の絵本コーナーへ
























った








これだ












これ











彼女が





職場を








去る日に







贈ろう






できれば






包んでもらった




包装紙を



その場で





はがして





わたし









彼女に





読みたい




ありがとう






これからは






自分を


大切に



生きてほしい




すり減らすことなく



満たしてほしい




そんなに


辛い想いをしてるなんて


ぜんぜん




知らなかったよ









最初の質問

最初の質問
著者:長田弘
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る














ごめんね





ふたりで











泣いた








泣かずに



去ろうとした彼女を




泣かせた






自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
6位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示