「好きを仕事」にすることにかけてはずぶの素人のわたしのためのセルフマガジン



趣味じゃなくて


仕事にしたい






だから

この冊子は


「わたしのための」冊子だ




「好きを仕事」にする7つの武器










かさこさんの新しいセルフマガジンを送っていただきました









{1F6BF582-0D39-4634-A0C2-2AE74D40F1EC}






すごく明確な事業計画があるわけでもなく


ただただ、


これを仕事にしたい





21年間の地方公務員生活を辞め


こちらの道にきた











でも

つくづく思うけど







素人だ


好きを仕事にすることにかけては素人だ








いくら


好きな絵本のことをどれだけ勉強し、どれだけ場数を踏んだところで



好きを仕事にすることにかけては素人だ









だから、


趣味じゃなくて仕事にするために

あれこれ試行錯誤してきた









でもね


この冊子を隅から隅までちゃんと読むと


そのための具体的な方法がわかる


すごいですね







あとはもう

これを読んで


実際にやるかやらないか


自分次第






(誤植がないことも、さすがだと思う、当たり前かもしれないけど)
















いちばん最初に

かさこさんの存在を知ったのは

誰かのFacebookでのいいねのリンクだった




たしか、かさこさんが

「手書きの手作りでもセルフマガジンとして、いいんです」

「セルフマガジン大賞に応募しませんか?」

というような投稿をしていたのを見たのだ



ああ!
これこれ!

このブログ記事

感動した!多くの人はこの姿勢を100万回見習え!画期的セルフマガジン




これを見て


「あ! それだったら、わたしも作ってる!」


って思ったんだ








それで

セルフマガジンってことばも

かさこさんがどんな人か

ってこともわからない状態で





まず、

かさこさんのセルフマガジンを郵送してもらって



それで

「すごい!」って思って



かさこさんのセルフマガジン講座を受講したのだ



やりたい!

知りたい!

って



生のかさこさんにセルフマガジンの作り方を教わってきました


image

↑生のかさこさんとツーショット











そして、何ヶ月かかかり、わたしもセルフマガジン作りました


100部でも200部でも

希望する方にお送りしています


送料はこちらで負担しています


















そして


ついに

かさこ塾に入ります



ずっとずっと

行きたかった かさこ塾


虎視眈々と狙ってました







いよいよ


来週


横浜鶴見での開催



かさこ塾のある日は奇跡的になんの予定も入ってなくて


うちからいちばん近い開催地!






これだけ


ノウハウ暴露してるセルフマガジンをもらっても


やっぱり


リアルかさこさんに会えるのは


ものすごく楽しみ









遊びじゃないです、本気です















かさこさんのセルフマガジンをほしい場合はこちらから














お問い合わせはこちら


これからの出没予定はこちら


セルフマガジン送ります(送料はこちらで負担します)


☆スカイプセッションはじめました



☆イベント先行お知らせ、ブログに書けない話なども
絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレターの申し込みはこちら





☆クリックうれしいです
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村










趣味で絵本講師をしているわけではありません








先日、決算説明会に行ってきました

わたし、趣味で絵本講師やってるわけじゃなくて

ちゃんと、仕事として絵本講師を続けたい

きれいごとではなく、遊びではなく、絵本講師として生活していきたい



そのために、苦手分野もちゃんとやりたい

がしかし、苦手は苦手

数字は苦手

でも、そうは言ってられない


わからないことは教えてもらいながら、なんとか青色申告をするのだ






決算とは何か?

算(数字)を決める→1年間のもうけの金額を決める


それが決算、だそうです


もうけ、どころか経費のほうが売り上げを完全に上回ってますが・・・




絵本屋さんの棚卸しもしなくてはなりません




あとで突っ込まれるより、聞いちゃえばいいや

税務署の職員さんも聞けば教えてくれるみたいだから




そしてそのうち、そうね、5年後くらいには、ばんばん、お仕事もらって


ばんばん、領収書にはんこ押して


ばんばん納税してやるんだ

そして、夫と家族を扶養するんだ(無理か)









どんなあり方であれ、働くことは尊いこと








「一生懸命に働け。
そして僅かな自由時間を手に入れろ。
そうすれば、
その僅かな自由時間は
おまえにとって宝物になる。
けれども、
多すぎる自由時間は退屈なだけだ」

インディアンのことば
「インディアンは語る―当たり前のことの積み重ねが人生―」
(あやもよう2007年5月)ストーリーテラー古屋和子 



このときに書いたんですけどね













お問い合わせはこちら


これからの出没予定はこちら


☆スカイプセッションはじめました



☆イベント先行お知らせ、ブログに書けない話なども
絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレターの申し込みはこちら





☆クリックうれしいです
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村










「はんこで運勢なんて変わらないですよ」






「はんこで運勢なんて変わらないですよ」と

店主の言うはんこ屋で

はんこを作ろうと思います







わたしは公務員でした

はんこ生活21年です

起案して印

合議で印

決裁に印

申請書に印

決定通知書に印

印印印印

印 はんこがなけりゃ始まらない仕事をしてました







だからこそ

軽んじる、ってわけじゃないけど

それこそ

「はんこで運勢なんて変わらないよ」と心から思っていたんです







だから、自分で仕事を始めても

はんこにこだわりはそんなにありませんでした

領収書に押すはんこも

銀行の届出印も

全部おんなじ

みたいな



いやいや、はんこなんてそんなもんでしょ的な








でもね、今回、連続絵本セミナーの主催をしたでしょ


講師謝礼の領収書に押すのにね

みんなきちんとしたはんこを持ってるのね


「最初にいただいた講師料でまずはんこを作ったの」


・・・・


そ、そうなんだ

そういうものなのか・・・





そしてね、やっぱり、きちんとしたはんこを持っている人は


きちんとした信頼できる仕事をする人なんだよね


それを心から実感したの










それで、以前、町の情報誌で見かけていたなにかの賞を受賞したことのある
近所のはんこ屋さんに

風の強い夕方に、行ってね

相談したのね



※受賞されたのはこちらですね(一級工房彫助さん)
全国印章技術大競技会 厚生労働大臣賞受賞







すごく親身に話を聞いてくれて

いろんなパターンを教えてくれて

わたしの氏名の漢字の納まりから

はんこの大きさ、書体なども相談に乗ってくれて





そこで店主の冒頭のセリフ


「はんこで運勢なんて変わらないですよ」


続きがあって

「でも、きちんとしたはんこを持ってる人は、きちんとした仕事をする人ですよね」






ですよね

わたしもそれ、すごく実感しました


わたしもきちんとした仕事をする人です

でもって、このはんこで領収書にばんばん、はんこを押す人になりたいです











お問い合わせはこちら


これからの出没予定はこちら


☆スカイプセッションはじめました



☆イベント先行お知らせ、ブログに書けない話なども
絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレターの申し込みはこちら





☆クリックうれしいです
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村











正に今の私が求めているものです




わたし史上最速で満員御礼となりました



告知して2日で満員御礼となりまして

びっくりしたのですが

そしたら




「胃腸炎で寝込んでいるうちに満席になってた〜」

「4月までにまた開催して〜」

「正に今の私が求めているものです」






との声をいただき

第2弾をやります

ってまだ第1弾もやってないんですが






松田町に移転した

うちそらさんの2階の畳の部屋で

お子さんと一緒に参加できる

職場復帰ママ必修(絵本)講座



なぜ

絵本が括弧なのかといえば


絵本以上の内容だから


絵本はつけたし?だから




働く母の心を整えることを目的としています





参加するかしないかを決めて


ぜひ

お早めにお申し込みください


小田急線の新松田駅からも歩いてすぐです











職場復帰ママのための絵本講座


日時 2月9日(木)10:30〜12:30

場所 うちそら(松田町松田惣領1891)

定員 先着6組

参加費 3,000円(ドリンク代込み)

希望者のみランチ(予約制)をご一緒しましょう




【2月9日(木)子連れ参加可】職場復帰ママのための絵本講座の参加申し込みはこちら









今まで参加してくれたママの声











職場復帰ママ講座チラシ












☆☆お問い合わせはこちら☆☆



☆これからの出没予定はこちら☆



スカイプセッションはじめました





(かなり)頻繁に届きます イベント先行お知らせなども

 ↓   ↓   ↓     

絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター





応援クリックしてくれたらうれしいです

 ↓  ↓  ↓   

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村
















【満員御礼】職場復帰ママ必修(絵本)講座


職場復帰予定のママへ




もし、4月復帰だとしたら

カウントダウンでしょう?


あと何ヶ月

あと何週間

あと何日

ってね


ワクワクする気持ちと

仕事から離れてしまった不安と

子どもの新しい保育園への不安と

もじゃもちゃの

ぐちゃぐちゃに

なっていましたよ、わたし



3回、職場復帰したけど

初めて職場復帰した一人目が

いちばんきつかった












わたし

自分が育児休暇中、こういう講座が近くになかったから

新横浜や中央林間や吉祥寺まで通ってたな〜子連れで


背中に乳飲み子くくりつけて









ってことは

逆に考えれば

もし、その気があるなら

新横浜や中央林間に住んでるママも

その気があれば参加できるよね





職場復帰ママのための絵本講座やります


4月に職場復帰予定のママにぜひ

必修で参加してもらいたい



4月からの具体的な毎日がリアルに想像できて

そして

行き詰まりそうになったときの

こころのほぐしかたを事前に知ることができて

具体的な時短術を知ることができて


確実に短くなる子どもとの時間をどうするかってことを

考えるきっかけになる



絵本講座と言ってはいるけれど

それ以上の内容です




参加してくれたママの声



以前から気になっていた「働く母講座」
来てみて本当によかったです

同じような立場の方のお話を聞いたり
とんちゃんの体験談を聞いたりしながら
復帰後の自分、子ども、夫をめぐるいろいろを想像することができました

子どものみならず、自分の体調管理にも不安がいっぱいだったのですが
現実を受け入れながら、やっていければいいのだと前向きになりました

周りの方の胸を借りて、ドン!とtryしてみようと思います
一緒にいる時間は短くなるけれど、その時間、絵本やハグで子どもと結びついていたいなと思いました
自分のため、でもあるけれど、子どもたちのために働く自分を認めてあげたいです









とんちゃんが仕事復帰したときの話を
絵本をまじえながら聞けて
もうすぐ仕事復帰の自分と重ねながら
共感しながら有意義な時間が過ごせました







今まで参加してくれたママの感想はこちらに





子連れ参加可
職場復帰ママのための絵本講座

日時  1月19日(木) 10:30〜12:30
場所  うちそら 2階和室 (松田町松田惣領1891  JR松田駅北口徒歩1分)
参加費 3000円(ドリンク代込み)
定員  先着6組 満員御礼

※希望者のみ、うちそらさんのランチをいただきましょう(予約制・ランチ代別途)

※申し込み時、お名前、連絡先、同伴のお子さんの年齢、ランチ希望の有無をお知らせください



【1月19日(木)子連れ参加可】職場復帰ママのための絵本講座の参加申し込みはこちら







うちそらさんの場所は

いぜん、のりちゃんとみさえちゃんのYO福ランチ会をした場所から移転していて

駅近、駅から徒歩1分の場所になりました


JR御殿場線松田駅北口徒歩1分

小田急線新松田駅からも近いと思います

近くに町営の駐車場も激安であります


うちそらさんのブログはこちら





メルマガで先行お知らせしましたら

どんどんお申し込みいただきました


お申し込みはお早めに







{DBCD4C9E-5EAF-46DC-915D-B38CECE84E01}


















☆☆お問い合わせはこちら☆☆

☆これからの出没予定はこちら☆

スカイプセッションはじめました


(かなり)頻繁に届きます イベント先行お知らせなども
 ↓   ↓   ↓     
絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター


応援クリックしてくれたらうれしいです
 ↓  ↓  ↓   
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村







異動したばかりだからわかりません











わたしが3月まで21年間いた職場は



異動

ってのがあるんですよ


多かれ少なかれ

どこの職場にもあると思うんですけれど







異動




勤務所在地は大きく変わるわけではないけれど

でも

それこそ



ですね

駒のように
異動させられます





異動があると
そりゃあ大変です

今までとは
まったく畑違いの仕事をしなければなりません




しかも
お客さんには


「異動したばかりだからわかりません」


とは言えません




しかし
嘘もつけません




異動先の仕事を覚え
今までの仕事を引き継ぎ


通常の倍以上の時間と労力がかかります





それに加えて
機構改革なんかがあったりすると


職場の
大引っ越し作業が
週末に総出であったりして









まあ
どこも
そんなもんなんでしょうけれども




自分が異動したときは
ほんとうに
家のこと
こどものこと
自分自身のこと

ボロボロになります





どんなに遅く帰っても

朝のままの
朝家を出たままの
家がある




そして
次の朝が来る




その日いちにち
子どもには
子どもなりの
がんばったいちにちだったとしても


話をゆっくり聞いてあげる時間も心の余裕もない





はやくはやくはやくはやくはやくはやく


せかすことはしても



ああ
ちょっと
まぶたがはれてたな

とか

ひざこぞうすりむいてたな

とか

髪の毛がからまってるな


とか

一瞬
頭をよぎるけど
すぐに次のやるべきことに消されてしまう




ああ

そんなときだからこそ

1分でもいいから
おひざに抱っこで
絵本を読めたら




それは
ギュッと濃縮された
1分になるだろう




絵本に助けられた

そんな1分の
積み重ねで
いまがある








怒涛の日々





だったなああああ





目覚まし時計








そんな



こんなの



想いがつまった


働く母のための絵本講座

です




明日の土曜日の働く母のための絵本講座は満員御礼です







10月にもママガクグランツリー武蔵小杉校であります










☆☆お問い合わせはこちら☆☆





☆これからの出没予定はこちら☆





(かなり)頻繁にラブレターが届きます イベント先行お知らせなども
 ↓   ↓   ↓   ↓   
絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレターの申し込みはこちら






応援クリックしてくれたらうれしいです
 ↓  ↓  ↓   
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村






Facebookページもあります 「いいね」してくれたらうれしいです
↓   ↓   ↓   ↓
絵本でほっこりの会 | Facebookページも宣伝












「入れればどこでもいい」切羽詰まった親の本音



保育園なんて


とにかく


入れれば

どこでも

よかった



とにかく


だれか


子どもを昼間


みてくれないと


仕事を続けることができなかった




突然、とある事情で


こどもを保育園に預けなければならなくなった



1歳の誕生日に仕事復帰



1歳過ぎの子どもと母親が

一日のうちのほとんどを離れて生活する


ってことが


いい

とか


悪い

とか


考えている暇もなかった




朝の8時半から仕事は始まり


当時、定時は17時だった



ってことは朝の7時半から夕方6時過ぎまでは


会わないわけだ


1歳過ぎの子どもと母親が



考えてみたら


すごい日々を過ごしてきたんだ



日中のほとんどを保育園で過ごす



親にとっては

入れればどこでもいい




切羽詰まった本音だ



がしかし


こどもにとっては


生活の場だ



どこでもいい

なんてきっと言いたくない


けど

本人は選べない


一日のほとんどを過ごす生活の場、なのに






働く母をとりまくあれこれは


そんなに


ハッピーハッピー


ではないかもしれない


でもだからこそ



だからこそ



知っておいてほしい


心が軽くなる方法を知っていてほしい



フルタイムワーキングマザーを20年近くやってきての


難しくない

心が軽くなる方法を伝授したいと思います





参加してくれたママの声




仕事復帰直前の1月に同じ講座を聴いて
今日、2度目でした
復帰して5ヶ月の今、同じ話を聞くと
また、響く深さと響き方が違うと思いました
わたしだけが「ちゃんとできてない」
「みんなはできているのに」って思うとき
今日のこと思い出そう
今日、いちばん、思ったこと!!
とんちゃんの話って思考の枠組みの変換を促すなあ
(しのちゃん 4歳、2歳のママ)










働くお母さんの悩みはみんな同じなんだ
自分だけが抱えてる悩みじゃないんだと心強く思いました
仕事を続けていくことは、子どもにとって
かわいそうなことではないと感じられて良かったです
(5歳、1歳のママ)













最近だと2回あります


武蔵小杉と南足柄で


いづれも、子連れ参加可能です








復帰ママのための絵本で時短子育て活用法+絵本読み聞かせ講座

日時 9月19日(祝・月)14:10〜15:10

場所 mamagaku【ママガク】グランツリー武蔵小杉校

参加費 3,240(税込)

申し込み mamagaku【ママガク】グランツリー武蔵小杉校 こちらへ 090-4096-0859

image










【満員御礼】働く母のための絵本講座

日時 9月24日(土)13:00〜15:00

場所 岩原公民館(神奈川県南足柄市岩原348-1)
   大雄山線岩原駅徒歩1分 駐車場あり

定員 4組 残席1 満員御礼

参加費 3000


お申し込みはこちら






image
















【進学塾に行かずに数学で10をとる子の育て方】の購読申し込みはこちら


絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝







状況は変わらないかもしれないけれど



復帰ママのための絵本で時短子育て活用法+絵本読み聞かせ講座




{06BA58EC-FEB2-453A-BBC3-5D2DA73AEEE7}











ほんとにさ


やって当たり前



子どもにごはん食べさせて当たり前


洗濯された洋服を着せて当たり前


お風呂に入れて清潔にしてあげて当たり前




当たり前にできて当たり前で



だれも褒めてくれない




別に

褒めてもらったところで


なにがどう

変わるわけでもない

状況は変わらない

かもしれない




でもね


でもね





わたしはちゃ〜んとやったわけだ



って


自分を自分が褒めてあげることができたとしたら



それだけで



どれだけ



救われるか




でもしかし




自分を自分で褒めること、認めることは



本当に難しい




わたしはできなかった



逆に


自分を責めること

そしていちばん身近な人を責めること


これは



大変上手にできた





状況は変わらない


かもしれない


でも


考え方を変えるだけで


変わること


って



確かにある











来てくれてありがとう



少なくとも


わたしにはわかるよ



あなたが


すごく



がんばってること







{5C004E7D-4C9A-4753-80C4-9B7C56FEA925}




















とんちゃんへのお問い合わせはこちら






【進学塾に行かずに数学で10をとる子の育て方】の購読申し込みはこちら


絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


絵本でほっこりの会

Facebookページも宣伝




自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
5位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示