憲法のこころ ことばのちから 井上ひさしさん おかしいよ

安全保障関連法案

採決強行









ただごとじゃない


そんな

感覚はある








でも


実は


具体的に

自分にどんな影響があるのか



よくわからない









イメージでは


なんとなく


不安








どうなるの?


どうなるの?


うちの

たろうが



戦場に行くの?







それとも


もしかして


ここ




戦場になるの?









誰かが



原発のたくさんあるこの国に


原発めがけて


爆弾落としたら

どうなるの?












憲法第9条で


戦争をしない






宣言していた日本が







いや

そうでもないよ

するかもよ









いうんであれば






じゃあ

しましょうか









しかけてくる国が近くにあったりするんじゃないの?













ねえ



井上ひさしさん






憲法ってなあに?









憲法のこころ

って

なんだったの?






井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法
著者:井上ひさし
価格:1,028円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る













以下引用




この国のかたち(前文)



国民がみな、
ひとつところに集まって
話し合うことはできなし
たとえできたとしても
やましくてなにがなんだかわからなくなるだろう

そこで私たち国民は
決められたやり方で「代わりの人」を選び
その人たちを国会に送って
どうすれば私たちの未来が
よりよいものになるか
それをよく話し合ってもらうことにした








引用ここまで










どうすれば

私たちの未来が
よりよいものになるか


話し合ってくれるんだよね?




話し合ってくれるんだよね?





話し合ってくれるんだよね?








強行?



強行?


強行?









強行って

話し合いじゃないよね?










やり方


間違ってるよ








それは


わかるよ、わたし







やり方


間違ってる



根本的に


間違ってる







わたしですら

それは


わかるよ






以下引用






私たちが、同じ願いをもつ
世界のほかの国国の人たちと
心をつくして話し合い
そして力を合わせるなら
かならず戦はいらなくなる














わたしは

それを

信じてる




信じているよ





心をつくして


話し合おうよ



そこから

すべてが

始まると信じてる




私たちはそのようにかたく
覚悟を決めたのだ





そう

それは

ちっとも
変わってない


ちっとも
変わってないんだよ






この国の生き方を決める力は
私たち国民だけにある

そのことをいま
世界に向けてはっきりといい
この国の大切なかたちを
憲法にまとめることにする







国民

って


わたしのこと


だよね



ねえ


おかしいよね





おかしい


なんか

おかしい











憲法って

いつから


変わったの



いつのまに

変わったの?



だれが

変えたの?




ぜんぜん


気づかなかったよ







わたし


ほんとに

よく


わからない



わからない







以下引用










もう二度と戦はしない(第九条)


私たちは平和的な生き方を尊ぶという 
まことの世界をまごころから願っている

人間らしく生きるきまりを大切にする 
おだやかな世界を 
まっすぐに願っている

だから私たちは 
どんなもめごとが起こっても 
これまでのように、
軍隊や武器の力で 
かたづけてしまうやり方は選ばない

殺したり殺されたりするのは 
人間らしい生き方だとは考えられないからだ 
どんな国も自分を守るために 
軍隊を持つことができる

けれども私たちは 
人間としての勇気をふるいおこして 
この国がつづくかぎり 
その立場をすてることにした

どんなもめごとも 
筋道をたどってよく考えて 
ことばの力をつくせば 
かならずしずまると信じるからである

よく考え抜かれたことばこそ 
私たちのほんとうの力なのだ

そのために、
私たちは戦をする力を 
持たないことにする

また国は戦うことができるという立場も 
みとめないことにした













よく

考えぬかれたことば



これを

ないがしろに
しては
いませんか?







みとめていないんですよ

わたしたちは







戦うことができる

という立場を

認めていないんですよ、決して










そうだったよね?


違う?


違った?






不安です



どうして




こうも



憲法で
うたわれている


基本的なことが


ぐらぐらと

足元から




揺れるんだろう?






デモにもいけない



なにをすれば

いいんだろう?



なにができるんだろう









ことばのちからを

今こそ


信じたい








花








谷川俊太郎さん



せんそうしない

せんそうしない
著者:谷川俊太郎
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





そう


せんそうしない







とんちゃんへのお問い合わせはこちら








絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター メルマガ登録はこちらから



にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村


クレヨン ドドーン【再掲】

2013年8月に書いた昔の記事を
今あえて
再掲します





以下














また、モモちゃんシリーズなんだけどね
どうしても
これも言いたい。


これね、

反戦のメッセージ

とてもいい形で伝わります。







モモちゃんシリーズに

反戦

なんてテーマのお話
あった?




ありました。
再読して知りました。




これがとてもいいのです。

モモちゃんとプー

モモちゃんとプー
著者:松谷みよ子
価格:1,155円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





このなかの
クレヨン ドドーン


っていう
お話です。





うめのはな


モモちゃんと友達のコウちゃんが遊んでいるとき、
テレビをつけたら
戦争のことばかり放送していたの。





「せんそう、モモちゃんちにもくる?」



「ねえ、どうしておとなたちはせんそうするの?

せんそうなんてやめて、
ご本よんだり、
えをかいたりすればいいのに、
ぞうさんとか、
お花とか、
それから、
およめさんとか、さ。」












どうして、せんそうをするの?




っていう、
モモちゃんの問いに

わたしたち大人はわかるように答えられるかな






モモちゃんは、こう考えました。




「わかった、クレヨンないのよ、きっと・・・。

だからせんそうするんだ。」


「がようしだってないんだ、きっと!」










そうして、二人は大砲のたまのかわりに、画用紙とクレヨンを詰め込むのです。

ドドーン。




そうしたら、戦争をしていた兵隊さんが





「わあい、クレヨン、クレヨン!」



って、絵を描き始める・・・





じゃがいも







でも


それは、モモちゃんの夢でした。



「せんそうしてるよ、
まだしているよ、
せんそうやめえっていったのに。」





モモちゃんの願いは届きません。




きませんよ。
あのせんそうはとおいところなの。

でももしそばまできたら、
ママが、だめ!っておこるから、ね。」





「でも、どこかでしているんだよ、

それなのに、
だめ!ってママ、いわないの?


はやくいわないと、
みんなしんじゃうよう。」






モモちゃんのいうことは正しい。


モモちゃんは5歳。


5歳のモモちゃんの言うように

兵隊さんだって、
もともとは、

クレヨンと画用紙が好きな、
お絵描きの好きな子どもだったんだよね。


戦争したくて戦争しているわけじゃないんだよね。




それに



どこかでしていて
近くでしてないから
いい


ってもんじゃないよね




だめ


って言わないと


みんながだめって言わないと


みんな死んじゃうよね

言っても無駄ってことないよね






モモちゃんが、

「せんそうやめえ」

っていったのに
この世界のどこかでは
まだ、
戦争しているね






やめえ

って
みんなで言わなきゃいけないね














戦車



おせっかいなおばさんのおすすめ絵本 モモちゃんとプー


投票しましたか?





末っ子と手をつないで


投票に行きました





{06EB4AE6-B1F2-4A12-BAD5-7B56B44498BD:01}











「選挙に行くの?」


「そうだよ、
この国の未来を決める人を選ぶんだよ



あなたたち3人が戦争に巻き込まれないように


戦争をしない人に

お母さんの大切な1票を入れるんだよ」


「戦争のお話し、朝会のとき、校長先生がしてくれた」



「そう、校長先生がしてくれたんだ」











投票にいきましたか?







わたしはもちろん行きました





{340004E0-96B3-4B0A-9259-02D26AB64B98:01}













この子たちの未来が

戦争に巻き込まれることのないよう



わたしの大切な1票を投じてきました












投票しても変わらない?



そんなことはない





とにかく



子どもを戦場へやるのはいや











憲法9条に


誇りを持ち



戦争をしない国
日本として



戦争をしない国だからこそ


やらなければならない使命を



この世界中のこどもたちのために




国として
まっとうするべき










戦争をしないから


一目置かれているはず





戦争をしない国だから


できることがあるはず




戦争をしている国同士の


仲立ち




そういうの

もっと

うまく

やれるんじゃない?







あたしは




あたしのできることからやるから








国として




頼むよ







政治家さんたち












井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法
著者:井上ひさし
価格:1,028円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



この本は

必読


こんなに

難しいことをわかりやすく文章にできるのは
井上ひさしさんしかいない













「平和」がテーマの絵本って?|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本「平和」がテーマの絵本って?|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本



やっぱりまた語り合いたい









にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
5位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示