うさこちゃんとうみ を 五味太郎さんと読む

いま


五味太郎さんの

この本

読んでいるんだけど



絵本をよんでみる

絵本をよんでみる

絵本をよんでみる
著者:五味太郎
価格:1,080円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る















これがね


おもしろくて

おもしろくて








思わず


人の流れに乗って

手前の駅で

電車を降りそうになったほど











もちろん


二宮金次郎状態よ



歩き読み


歩きスマホ

ならぬ


歩き読み



(はい、ごめんないさい)


(でも読みはじめたら
とめられない)














ちょっとこの本は


絵本になんらかの

関わりがある人は


基本図書


だと思うな




とんちゃん推薦図書




必読図書

指定図書

標準図書

課題図書

選定図書













まだ

途中までしか

読んでないんだけどさ








しょっぱな


うさこちゃんとうみ

うさこちゃんとうみ改版

うさこちゃんとうみ改版
著者:ディック・ブルーナ
価格:756円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る












五味太郎読みが


超絶おもしろい











見かけ単純なやつほどかなり手強い、という認識のもとに読んでみる



とあるよ









まずね



絵本年齢のナンセンスを

ぶった切るね








この絵本は


何歳くらいから


とか



何歳くらいには

この絵本


とかね












ないから

そんなの


知ってるからわたし



絵本に対象年齢なんかない




って










激しく五味太郎さんに共感







例えば

こんなくだり


(以下引用)




ぼくがこの本を見た時、
「この本のどこがシンプルなの?」って思った。

それがまず最初の驚き。

あるいはこう言ってもいい。

シンプルであるがゆえに、
とんでもない複雑さを獲得している、
層が浅そうに見えるからかえって深くなる、
というような体験をした最初の絵本なの。



(引用ここまで)







シンプルであるがゆえに
とんでもない
複雑さ






だからね



「赤ちゃん絵本」



なんて

絵本の表紙に書いてあると


「赤ちゃんにしか

読んじゃいけないのかしら」


とか



マジメなおかーさんは


思ってしまうじゃないのさ




もったいないよね~~~~














シンプルであるがゆえに
とんでもない
複雑さ







この具体的な部分が

このあと

展開されるんだけどもさ




こんなかんじで



以下引用




とりあえず人間の行動というのは「我」から出発する。

ふわふわさんは自分の行動を表明する。

で、
「おまえ、いくかい?」
じゃなくて、
「いきたいひとだあれ?」という形で、
うさこちゃんの「我」を揺さぶる問いかけをする。

すると当然、
「あたし あたしが いくわ!」
となる。

これ、すごいね。

「いきたいな」じゃなくて、
「いくのは わたしだ」、
「あたし いくわ」って。

ここの文章だけみていても、
二時間はボーッとして楽しめる。




(引用ここまで)







ねえ


すごいよね


こんな調子で


うさこちゃんとうみ




読み解いていくの







二時間ボーッとできる


ってねえ













絵本を読む

本当の楽しみ


って


こういうことにあるんだよな












読み手の

自由なのよ









いかに

読み手が

自由に

その絵本を

「読むか」


なのよ













だってね


五味太郎さんは



うさこちゃんのお母さんはきっと

次の子どもが生まれるんで
産院にいるのではないだろうか


とまで


想像をふくらませる











そうそう

それが


楽しいよね



正解

とか


作者の意図


とか


ごめん




カンケーない

















五味太郎読み


おもしろい


そして

真髄をついている





激しく共感しながら


読み進めている

















{D92A1546-66FC-418E-AEEF-A539E7D68168:01}



















誕生60周年記念 ミッフィー展誕生60周年記念 ミッフィー展



☝️
行ってみたいね

















とんちゃんへの

お問い合わせはこちら













にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




実用書 ハムスターの育て方





何か月か前に


ミクニ書店さんに

行ったときに


末っ子が


欲しがった本があってね









長女は









「え?!


それ?」





って



批判的だったけど









「いいんじゃない?」




って


買ったんだわ






はじめてのハムスターの育て方

はじめてのハムスターの育て方
著者:岡野祐士
価格:950円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る














「え?



だって


うち


ハムスター飼ってないじゃん」






長女











「学校でね


ハムスター飼うの」






末っ子









我が家では



悪いけど


動物は飼えない







宣言している









飼いたがるけどね







でもね



悪いけど













「あんたたちの世話もろくにできないのに



動物の世話まで


おかーさん

ムリだから!」












この件については


いっさい



聞く耳を持たない









だって


かわいそうじゃん













毛のない生き物なら


飼ってた









ザリガニ


ドジョウ


ナマズ





カワニナ



など






ハンターたろう


毎週末


つかまえてきた




たろう









輪廻転生





水槽の中で


知った













でもね


毛のある動物はね…












そしたら


学校で


班で1ぴきずつ


ハムスター飼うんだって








班で

面倒見るんだって










そしたらね



まあ


末っ子が

ハムスター

かわいがってね


先生も感心するほどだったの












実は


この春休み中



我が家で


ハムスターを


お預かりしていたのよ






(卒業式の日に


市のゴミ袋に

入れられた



ハムスターのかご

先生から

渡された)













初めて



毛のある人間以外の生き物が



我が家にやってきた











{93CDF42C-BEA1-4054-866F-D16A5F79C2A6:01}










{D252B704-DD55-4F5F-8EF0-3A3EAFCD1349:01}













うーん


かわいい




かわいいね












夜中



カラカラカラカラ





音がする













我が家で


春休みを過ごし








明日は


学校に


帰るのよね、ハムちゃん






そんで


末っ子の言うことにゃ





「ハムちゃん


いなくなって



さみしいから




カニつかまえにいこ」














へえ



そうですね



行きますか











寒いから

いないと思うけどな









内心思うが





行ってみた












{81085D3F-DD13-4C61-BD8B-8DEAF6223525:01}









{EDE88E2A-EC7E-464D-AD95-0E111C389A24:01}








{533D3A34-A8ED-4929-A401-F5BE4559A901:01}





















{A66C7109-C7D3-479A-BBF4-772D644E2FA6:01}













おお!






さすが!











{D28E84D2-8E73-4893-8E17-2077A787FB1F:01}





カエルも?!






















子どもはみんな問題児。


このことば


ほんとに



ハッとした。






なかがわりえこさんの

講演会を聞きに行ったとき



子どものそばにいる人 中川李枝子さんとぐりとぐら|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本子どものそばにいる人 中川李枝子さんとぐりとぐら|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本






まさにこの題名の


本が出版されたのですね


要チェック!








子どもはみんな問題児。

子どもはみんな問題児。
著者:中川李枝子
価格:1,080円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る















こども

アンダーグラウンド 読了

アンダーグラウンド

アンダーグラウンド
著者:村上春樹
価格:1,166円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る













彼が乗るはずだった地下鉄 サリン事件 アンダーグラウンド 村上春樹|おせっかいなおばさんのおすすめ絵本

http://ameblo.jp/osekkainaobasan/entry-11980757409.html



今朝4時に



読了








{E4814996-EE2E-4764-BA2D-D42CF7F3B24E:01}










この分厚くて

重たい本を


ここ

3週間ほど




毎日持ち歩き



少しずつ少しずつ




読み進めました





時には




通勤電車内で




泣きながら、、、、
















うまくまだ



言えないけど




読んでよかった








{5CF0A767-E2D1-49D1-B8CE-750101CA4223:01}

















彼が乗るはずだった地下鉄 サリン事件 アンダーグラウンド 村上春樹








ほとんどの村上作品を読んでいるのに
しかも
何度も再読しているのに
(他の本はほとんど再読しないのに)






それなのに
なぜか
この本は読んでいなかった

多分
避けてたんだと思う


でも

いま

あえて

よもうかな





手に取った








分厚いね

4センチくらいあるね
















地下鉄サリン事件



まさに


あの地下鉄は

当時

つきあってた彼が


通勤でいつも乗る電車だった






しかし

その日は

なんでだったか


たまたま

時間をずらして乗った







早稲田大学の

ヨット部の

かっこいい

銀行マンの彼



わたしには


不釣り合いの彼だった









わたしより

1年先に就職したのだ





そして


会う時間はすごく減ったけど




その当時もつきあっていた







乗らなくてよかったね










あくまでも




ひとごとだった



ここにくるまでずっとずっと

ひとごとだった







そのまま


過ぎても良かったが



なんか


手にとってしまったので




心して

読もうと思う




アンダーグラウンド


アンダーグラウンド

アンダーグラウンド
著者:村上春樹
価格:1,166円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る












にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




ここにないもの 新哲学対話

いま


読んでるのは


この本





ここにないもの

ここにないもの
著者:野矢茂樹
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る










読むのは


何回目だろう?







哲学



なんていうと





ちょっと


難しい

自分にはカンケーないこと



のような気がするけれど



この本は



そんな


わたしでも



わかるように書いてくれてある



難しいことをわかりやすく書くのは

ほんとうに難しい


ほんとうに頭がいい人しかできないことだと思う





この本は


2004年10月に購入している



その頃



長男6歳


長女2歳



長女の子育てに

ほとほと


参っていた頃だ



卒乳できない

夜寝ない

アトピーがひどい

小麦と卵白を除去

へそが曲がっている

すんなりいかないことが多過ぎて


そんで仕事も
忙しくて


残業ばかりで帰宅の遅い夫は抜きで

義母との生活に

顔を引きつらせながら

相づちを打ち

そんな毎日を送っていた頃






この本を

手に取ったんだ、わたし




それというのも


確か


朝日新聞の書評かなんかで


この本のことを知り




はじめて考えるときのように

はじめて考えるときのように
著者:野矢茂樹
価格:668円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る






読んでみたら


おもしろくて




気に入ると

しばらく

その作者の作品を読み続けるわたしは




こちらの

本も探したのだ





やっぱり


この本も面白い


さっきのもそうだけど




なんども

読み返したくなる



わたし


あんまり


再読


ってしないんだけど



っていうのも


読みたい本がありすぎて



再読する暇があったら

読んでない本を読みたい


って思っちゃうんだけど


この


野矢茂樹さんの本は


なんども

読み返したくなるんだよね






哲学の本なんだけど


詩的なの




目次はこんなかんじ




1 「人生は無意味だ」って、どういう意味なのだろう


2 十年前のぼくも、ぼくなんだろうか


3 ことばで言い表せないもの


4 自分の死を想像することはできるか


5 未来は存在しない?









ね?



面白そうでしょう?







ミューとエプちゃんの

会話


哲学対話




詩的な哲学の対話





よけいなツッコミとか満載で


読みやすく


おもしろい








以下引用



違うな。

そうじゃない。

完璧な記憶なんてものに訴えたってどうにもならない。

自分の記憶だけで
なんとかしようとする。

自分のことは
自分がいちばんよく分かっている。

それだけじゃない。

自分のことは
自分にしか分からない。

そんな気分が、
自分を《いま》に閉じ込めてしまう。



引用ここまで









相手がいてこその自分



自分が自分だけでいるわけではない



いつも


相手との関係性の中で
自分がある


ってこと





これね


読み聞かせ

でも

常に考えたいこと



絵本の世界を壊さないように

自分を消して

存在を消して

絵本をただ淡々と読む



ってこと


これがよし

とされる
正統派とされる






読み聞かせ





自分を消すんであれば



相手との関係性もなくなってしまう



でも



自分を《いま》に閉じ込めて


自分を消したつもりになって





閉じた読み聞かせ
だったら


つまらないよ




開いて


関係つくって



読み合いたい






























以下引用




意味ということを

いちばん反映しているのは

ことばだろう。

どんなことばで世界を見ているのか。

それによって見え方が、
極端な場合には
アヒルからウサギへの反転図形のように、
反転する。






引用ここまで










ことば


自分の蓄えていることばが


貧弱だと


貧弱な思考しかできない



なんだか

それは


悲しい







豊かなことばをたくわえて

あれや
これやと


頭を使って考えるのは

楽しい




絵本のことばは


たくわえるのに

適した
ことばだよ


























{6E536ECD-4959-444D-A4C1-E7842E9C41DE:01}























再読

ある1冊の本を読んでいる












長いこと


なんとなく



モヤっとしてたことが







あっ!!
















クリアになった一文があった












この本を読むのは



初めてではない




なのに




最初読んだときは


気づかなかった








再読






ふたたびよむ







気づかなかった自分に気づく



なぜ

気づかなかったのだろう?






そのときは



しっくりこないと認識してなかったからだ






その後の


いろんな経験が
しっくりこないことをわたしに認識させた







だから





あの



一文に




ハッとした









そんな自分が愛おしいと思う

ははは













このオチ?








{E8CCAACF-167F-4D79-B993-AEAC6773C6FB:01}



学童で作ってきた☝️
裏にお手紙が書ける



{F92F7B0E-0581-49CF-BE09-F0C196BD1595:01}















感情のバリエーションを増やす 重松清さんのことば



プライドと誇り。

どちらも似た言葉なのに、
微妙に受け止め方が違うんだね。


こういう微妙さって
人生の中にいろいろある。

いまのは言葉になったけど、
うまく表現できない
モヤモヤとした気持ち
というのが
心の中にあると思う。

そのモヤモヤを
「こういうことだったんだ」と
確認する助けになるのが、


本を読んで、
いろんな気持ちを理解することで、
感情のバリエーションを増やすことができる。







平成16年2月26日 朝日新聞 
オーサービジットで

重松清さんの言葉






例の10年日記を読んでたときに
自分が書きとめた
この重松さんの言葉




     


おせっかいなおばさんのおすすめ絵本 びょうきのこどものおかあさんをやるなら

10年日記






忘れちゃってたけど




なるほどなあ~

って思った




自分の今の気持ちを


ことばにするのが難しい


いまのこの気持ちを

ことばでいうとしたら
どう言えばいいんだろう

っていうことの

その本を読んで自分の中に
積み重ねてきた
言葉の中から
いちばん
ぴったりくるような言葉を
うまく見つけられるかどうか


読んでたって
見つけられないかもしれないけれども


でも
本を読んで
共感する

ってことは

その本に描かれている
その気持ちに似た気持ちを
感じたことがあるから
共感するんだろうし


その積み重ね

ってのは
やっぱり

感情のバリエーションを増やすことに
一役買ってるかもしれないな



そうそう
そうそう
ことばにすると
まさにこんな感じ


って

うまい言葉で表現してある文章を読むと
ほんとにうれしくなるもんね


わたしの
モヤモヤしてた気持ちを
言葉にしてくれてある!



って





そんで

長くなったけど


絵本


もね



こどもがね

いろんな感情を

いろんな体験を


さも自分が
そこにいるかのように
感じることができるんだとしたら


やっぱりそれは

目に見えないけれども

その子の
感情のバリエーションを
豊かなものにしてくれる


そんなことを
期待しながら読んでるわけじゃないんだけども


でも


共感する

ってことは
追体験すること

自分のこととして考えること

ってことだろうし


そういうことって

大事なことだと思うよね









末っ子の
お気に入りの絵本は

これ


けんかのきもち

けんかのきもち
著者:柴田愛子
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る







そして

これもセットで必ず読む



ありがとうのきもち

ありがとうのきもち
著者:柴田愛子
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る












ちなみにわたし

朝日新聞の
オーサービジットっていうシステム
すっごく好き

ああ

あたしも生徒になりたい

なんて贅沢な授業なんだ!





最近読んだ重松清さんの本はこれ!

きみ去りしのち

きみ去りしのち
著者:重松清
価格:660円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




電車の中で号泣( i _ i )













にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村




自己紹介

おせっかいなおばさん

Author:おせっかいなおばさん
どんな絵本を読もうが勝手

絵本なんて読んでも読まなくてもいい

それなのに

おせっかいに

言いたくてたまらない

絵本のある子育てのこと

「誰でもいいから、この子、育てられるもんなら育ててみてよ」って

子育て放棄しかたかったわたしが

だめな母さんであるわたしが

どんなに絵本に助けられたか

なくても育つ

でも

あったほうがいい

お越しいただきありがとうございました
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵本
5位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りに仲間入り
ぽちっとよろしく

FC2Blog Ranking

絵本好きの村の村民です
読み聞かせ・絵本講座・わらべたベビマのご依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログには書けない話し メルマガ登録おすすめです
メルマガ登録はこちらから
日本で3本の指に入る(予定の)絵本講師とんちゃんからの「絵本で子育て」ラブレター
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示